『女系家族』矢島嘉蔵役に役所広司 宮沢りえと共演で「本当に素晴らしい女優さん」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

大阪・船場の老舗木綿問屋を舞台に人間の欲望、嫉妬、愛憎を赤裸々に描き、世の中を震撼させた山崎豊子の『女系家族』。テレビ朝日で12月4日、5日に放送する2夜連続ドラマスペシャル『女系家族』では、嘉蔵の愛人・文乃を宮沢りえが、矢島家の総領娘・藤代を寺島しのぶが演じ、令和の時代に遺産相続ドラマの最高傑作をよみがえらせる。同作の舞台となる木綿問屋『矢島商店』の四代目当主・矢島嘉蔵役が発表され、俳優の役所広司が、壮絶な遺産相続争いの発端となる当主役として特別出演する。

【写真】宮沢りえ×寺島しのぶで令和に復活する『女系家族』

 『聯合艦隊司令長官 山本五十六』『三度目の殺人』『孤狼の血』などの作品で圧倒的な芝居を見せ、数多くの賞を受賞してきた名優・役所広司。そんな役所が『女系家族』に特別出演。『矢島商店』四代目当主で、寺島演じる藤代、水川あさみ演じる千寿、山本美月演じる雛子の父、矢島嘉蔵を演じることになった。

 総資産数十億円を遺し、この世を去った嘉蔵だが、家族にも秘密にしていた7年来の愛人が。その女性・浜田文乃について遺言状に書き記したことで、矢島家は壮絶なまでの遺産相続争いを繰り広げていくことになる。

 すべての事の発端となった嘉蔵の死と遺言状。果たして嘉蔵の真意とはどのようなもので、遺言状にはどのような事実が隠されていたのか。役所が、存在感と説得力で、当主・矢島嘉蔵を演じきる。

■役所広司コメント
 鶴橋康夫監督とは本当に久しぶりにご一緒したのですが、監督の「スタート!」「オッケー!」の声も、撮影の合間のジョークも相変わらずで(笑)、懐かしく撮影に臨みました。鶴橋組もスタッフはだいぶ若手に替わりましたが、雰囲気は変わらず…。監督が時折出してくれる「大オッケー!」を励みに、今回も頑張りました。

 愛人役の宮沢りえさんとは、これまで同じ作品には出たことがあったのですが絡みはなかったんです。本当に素晴らしい女優さんですから、同じ画面でお芝居ができることを楽しみにしていました。今回は少ない時間でしたがいろいろお話することができました。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。