『吉祥寺ルーザーズ』第2話あらすじ 安彦聡(増田貴久)×大庭桜(田中みな実) 朝食ルールで激論に…(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

人気グループ・NEWSの増田貴久が主演を務める、テレビ東京系ドラマ『吉祥寺ルーザーズ』(毎週月曜 後11:06)の第2話が、きょう18日に放送される。

【場面カット】増田貴久と激論に?ジャムの食べ方に厳しい田中みな実

 今作は、秋元康氏が企画・原作を務める完全オリジナルドラマ。増田演じる安彦聡はじめ、人生の負け組6人がひとつ屋根の下シェアハウスで一緒に暮らす日々を描いたシチュエーションコメディー。物語の舞台は不動の人気タウン東京・吉祥寺。なぜか安い家賃に、不可思議な募集方法、そして、謎の開かずの扉…。そんな、謎めいたシェアハウスで、性別も年齢も職業もバラバラのルーザーたちの奇妙な共同生活が始まる。

■第2話のあらすじ
吉祥寺のシェアハウスに引っ越してきて6日が経ったある日。忙しい朝の洗面所争いが勃発する。そもそも6人全員がそれぞれ勝手に生活しているため、トラブルの火種はあった。風呂場もキッチンも洗濯機もひとつしかなく、どこもかしこも常に通勤ラッシュ状態。しかも、キッチンの洗い物やゴミ捨てにしても住人ごとにバラバラだ。

騒動のあと、安彦聡(増田貴久)は大庭桜(田中みな実)と一緒に朝食を取っていたが、ジャムの食べ方を巡って激論に…。そこから集団生活を送るにはルールが必要だとして、次の土曜日に全員を集合させるよう、聡に指示する。

その当日。聡の司会進行で始まったシェアハウスのルール決めは、いつしか今不満・不快に思っていることを言い合う展開に。すると共有スペースの使い方や騒音問題など、心に秘めていた本音が飛び交い、不穏な空気が流れてしまう。「それでも本音をぶつけあうべき」と言い放った桜も、ある言葉をきっかけにヒートアップして、思わず自分の心情を吐露してしまう。

ルーザーたちのルール決めが一筋縄でいくわけがなく、聡は頭を抱えるが、そんな折、謎のオーナーから手紙が届き事態が一変する。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪護髪素(滋養修護)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用のコンディショナーです。
防掉髮洗髮露(強靭配方)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。