『ローラとふたりの兄』、美波、中村江里子から応援コメント かわかみじゅんこからはイラストも到着(クランクイン!)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:クランクイン!

女優のリュディヴィーヌ・サニエが主演するフランス映画『ローラとふたりの兄』に、女優の美波、フリーアナウンサーの中村江里子からの応援コメントが到着。併せて漫画家・かわかみじゅんこによる描き下ろしイラストが公開された。

【写真】『中学聖日記』『パリパリ伝説』かわかみじゅんこの描き下ろしイラスト

 俳優としても活躍するジャン=ポール・ルーヴ監督の長編4作目となる本作は、家族の絆をめぐるフランス流ラブ&コメディー。監督が作家・脚本家のダヴィッド・フェンキノスと『愛しき人生のつくりかた』(2015)に続き再びタッグを組み、人々の日常を精妙かつユーモラスに描いて見る者の共感を誘いつつ、地方のプチ・ブルたちの生活を通して皮肉なフランス社会の明暗をも浮き上がらせる。

 主人公・ローラ役のリュディヴィーヌのほか、ルーヴ監督自身もローラの兄役で出演。そのほか、ジョゼ・ガルシア、ラムジー・べディア、ポーリーヌ・クレマンらベテランが共演する。

 フランス西部の都市・アングレーム。弁護士のローラ(リュディヴィーヌ)にはちょっと困った2人の兄がいる。眼鏡士のブノワ(ルーヴ監督)と解体業者のピエール(ジョゼ)。3兄妹は死別した両親の墓参りで月に1度は集まることが習慣になっている。

 ある日、ブノワの3度目の結婚式が行われ、大遅刻をしてきたピエールの失礼なスピーチが原因で兄弟喧嘩が勃発する。そんな中、ピエールは深刻な仕事のトラブルを抱え、新婚早々ブノワは妻とすれ違うことに。そして、離婚調停の依頼人だったゾエール(ラムジー)との恋が始まったローラは、病院で“ある事実”を告げられて…。

 映画『MINAMATA』で演じたジョニー・デップの妻役が記憶に新しい美波は、「クセのある人々のエスプリの効いた会話と展開に笑い、涙ぐむ。彼らの愛はいつでも壊れそうに見え、本当はちゃんと築きながら進んでいる。一人一人の心情が見事に繋がり、甘酸っぱいハーモニーが奏でられたような素敵な映画」とコメント。そして、フランス在住の中村は、「何だか知人ファミリーのお宅を覗き見しているような…そんな気がする」と語り、「フランス人の“本当の優しさ”で溢れている作品で、思わず笑ってしまう日常のシーンにも、愛する人たちに伝えられない思いを抱える気持ちにも胸がいっぱいになる」とメッセージを寄せた。

 併せて、『中学聖日記』『パリパリ伝説』などで知られるかわかみからの描き下ろしイラストも公開。本作の登場人物たちが、かわかみらしいタッチで描かれたイラストには、かわかみの感じたそれぞれのキャラクター像が記載され、さらに「いびつな大人たち。それぞれの解体と再生の物語。だと思いました。」とメッセージが添えられている。

 映画『ローラとふたりの兄』は、12月10日より全国順次公開。

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。