『レッド・ツェッペリンIII』50周年、「移民の歌」日本盤7インチが復刻(Rolling Stone Japan)

出典元:Rolling Stone Japan

レッド・ツェッペリンが1970年に発表した『レッド・ツェッペリンIII』が、昨日10月5日に発売50周年を迎えた。それを記念して、代表曲「移民の歌」の日本盤7インチ・シングル復刻盤が全世界19700枚限定でリリースされる。

【画像を見る】「移民の歌」日本盤7インチ・シングル

今から50年前となる1970年10月5日、ジミー・ペイジとロバート・プラント、ジョン・ボーナム、そしてジョン・ポール・ジョーンズは、アメリカで『レッド・ツェッペリンIII』を発表した。イギリスや他の国ではそれから数週間後にリリースされることとなったこのアルバムは、彼らがレッド・ツェッペリンとして活動を開始してから2年弱の間に発表した3枚目のアルバムであり、アメリカやイギリスを含む複数の国でチャート1位を達成、世界中で1300万枚を超えるセールスを記録している。圧倒的な商業的成功に加え、ハードなサウンドから「ザッツ・ザ・ウェイ(原題:That’s The Way)」や「スノウドニアの小屋(原題:Bron-Y-Aur Stomp)」といった楽曲でも聴かれる、より幅広いスタイルのサウンドも自らのサウンドに取り入れたこのアルバムは、音楽性という側面から見ても、バンドにとってターニング・ポイントとなったアルバムだと言えるだろう。

この歴史的名盤の誕生50周年を記念して、レッド・ツェッペリンは、今作からの唯一のシングル曲となった「移民の歌(原題:Immigrant Song)」の日本盤7インチ・シングル・アナログの復刻版を限定リリースする。アルバム未収録曲「ホワット・キャン・アイ・ドゥ(原題:Hey, Hey, What Can I Do)」をカップリングしたこの復刻シングルは、全世界19700枚限定の作品となり、アートワークには発売当時の日本盤のスリーヴのデザインが採用されたもの。発売は2021年1月15日を予定しており、今週木曜日となる10月8日より、レッド・ツェッペリンのオフィシャル・サイト、

全米シングル・チャートTop 20入りを記録した「移民の歌」は、レッド・ツェッペリンの数多くの名曲の中でも最も人気が高く、時代を超えた魅力を持つ楽曲の一つだと言える。ツェッペリンのカタログ・トラックの中でも世界で2番目にストリーミング再生数が多いこの曲は、『スクール・オブ・ロック』や『マイティ・ソー バトルロイヤル』といった映画にも印象的に使用されており、ポップ・カルチャーにおいても永続的なインパクトを持つ楽曲となっている。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。