『レコ大』Da-iCE「CITRUS」で初の大賞 結成10周年に栄冠つかむ(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

年末恒例の『第63回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系 後5:30~10:00)の授賞式が30日、東京・新国立劇場で行われ、5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEが「CITRUS」でレコード大賞を初受賞した。結成10周年の今年、ついに栄冠を手にした。男性ダンス&ボーカルグループの大賞受賞は2015年の三代目 J SOUL BROTHERS以来、6年ぶり。

【写真】躍動感溢れるDa-iCE!熱のこもったパフォーマンスを披露

 結成は2011年1月。2014年1月に「SHOUT IT OUT」でメジャーデビューした。メンバーはボーカルの大野雄大・花村想太と、パフォーマーの工藤大輝・岩岡徹・和田颯の5人で、4オクターブの音域をカバーするツインボーカルの歌唱力が特徴。受賞した「CITRUS」は2020年11月リリースの21stシングル。日本テレビ系日曜ドラマ『極主夫道』の主題歌に起用され、日本人男性ダンス&ボーカルグループ史上初のサブスク1億回再生を突破した。

 受賞前の歌唱の際、花村は「結成して10年、デビューして7年なんですけど、ずっと賞に恵まれなかったのでありがたいです」と優秀賞受賞にしみじみと語り、リーダーの工藤と作詞を手掛けた同曲について「自分が信じる道を極めることの大切さを表現しました」と思いを明かしていた。受賞後にコメントした工藤は「6面(ファンの呼称)の皆さんととった賞だと思いますので、皆さんにまず感謝の気持ちを伝えたいと思います」と万感の表情で語った。

 授賞式の模様は、TBS系で生放送。総合司会は10年連続10度目となる安住紳一郎アナウンサーと、女優・吉岡里帆が務めた。最優秀新人賞はを4人組バンド・マカロニえんぴつが受賞した。

■過去10年間『レコード大賞』受賞者
第62回(2020年):「炎」(LiSA)
第61回(2019年):「パプリカ」(Foorin)
第60回(2018年):「シンクロニシティ」(乃木坂46)
第59回(2017年):「インフルエンサー」(乃木坂46)
第58回(2016年):「あなたの好きなところ」(西野カナ)
第57回(2015年):「Unfair World」(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
第56回(2014年):「R.Y.U.S.E.I.」(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
第55回(2013年):「EXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~」(EXILE)
第54回(2012年):「真夏のSounds good !」(AKB48)
第53回(2011年):「フライングゲット」(AKB48)

■『第63回輝く!日本レコード大賞』
【優秀作品賞】
「明け星」LiSA
「君がそばにいるから」純烈
「ごめんねFingers crossed」乃木坂46
「CITRUS」Da-iCE
「Take a picture」NiziU
「Dream on the street」DA PUMP
「根も葉もRumor」AKB48
「Backwards」三浦大知
「Happy!」氷川きよし
「勿忘」Awesome City Club

【広告】 更年期?

《経典薬方》全鹿滋腎丸

<

・体のだるさ、痛みを感じる方に
・眠りが浅い、眠れないと悩んでいる方に

腰や膝を始めとする身体機能の衰えやだるさ、      睡眠の質などの改善に

コメントは受け付けていません。