『レイフォース』などシリーズ三部作をまとめた『レイズ アーケード クロノロジー』が2023年にPS4/Switchで発売決定!(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

タイトーは「レイシリーズ」三部作をまとめた『レイズ アーケード クロノロジー』を2023年にPS4/Nintendo Switchで発売する。価格は未定。本作の移植は全タイトルでエムツーが担当している。公式サイトもオープンした。
本作はSTG「レイシリーズ」のアーケード版三部作『レイフォース』、『レイストーム』、『レイクライシス』をまとめたオムニバスタイトルだ。『レイストーム』と『レイクライシス』は高解像度のHD版も収録しており、合計3タイトル5バージョンが遊べる。追加要素としてはゲームの攻略に役立つ各種「ガジェット」表示のほか、ゲーム中のセーブ/ロード機能などを追加する予定とのこと。
『レイズ アーケード クロノロジー』の収録タイトルは以下のとおり。

「レイズ アーケード クロノロジー」画像・動画ギャラリー

『レイフォース』 1994年にアーケード版が稼働したシリーズ第1作
『レイストーム』 1996年稼働のシリーズ第2作
『レイストームNEO-HD』 アーケード版「レイストーム」の高解像度版
『レイクライシス』 1998年にアーケード版が稼働開始したシリーズ第3作
『レイクライシスHD』 アーケード版「レイクライシス」の高解像度版

「レイシリーズ」は1994年にアーケード版が稼働開始となった『レイフォース』を第1作目とするシューティングゲームのシリーズだ。1作目の『レイフォース』では人類に反旗を翻したニューロネットワークシステムを破壊するため、小型機動兵器を惑星の中心に突入させる作戦が描かれた。1作目のプラットフォームは2D描画機能のみのF3基板だったが、「ロックオンレーザー」を中心にしたゲームシステムと演出で3D的にゲームが構築されていた。
2作目の『レイストーム』(1996)では俯瞰視点の3D描画シューティングとなり、1P側と2P側で機体の性能やプレイ感覚が違っていた。収録されている「NEO-HD」バージョンは、2010年にリリースされた『レイストームHD』とは違うもの。『レイストームHD』では追加要素があり16:9の画面比率だったが、「NEO-HD」バージョンではアーケード版と同内容で画面比率も4:3のままとなっている。

3作目の『レイクライシス』(1998)は仮想空間内部での戦いが描かれ、ニューロネットワークシステムの暴走を阻止するストーリーだ。本作は『レイフォース』の前日譚となり、特定の条件を満たしたエンディングの内容は『レイフォース』に繋がっている。収録されている「HD」バージョンはアーケード版『レイクライシス』の高解像度版だ。

コメントは受け付けていません。