『ラップスタア誕生』eydenが2546人の頂点に R-指定ら審査員はファイナリスト5人を絶賛(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

ABEMAのオリジナルオーディション番組『ラップスタア誕生2021』の最終回が25日、放送された。過去最多となる応募者数2546人の中から、eydenが優勝した。

【別カット】豪華メンバーがずらり!R-指定&T-Pablow&YZERRら審査員

 同番組は、次世代を担うラッパーたちから、新たな“ラップスタア”を発掘するオーディション番組。シリーズ最新作となる本番組では、過去最多となる2546人が応募に参加した。企画立案者であり主宰のラッパー・RYUZOが番組オーガナイザーを務め、ナレーターには多くの映画やドラマに出演する俳優・笠松将が前シーズンから続投。審査員にはAKLO、Awich(YENTOWN)、R-指定(Creepy Nuts)、IO(KANDYTOWN)、T-Pablow(BAD HOP)、YZERR(BAD HOP)ら、現代のHIPHOPシーンをけん引する実力派ラッパーたちが名を連ねた。

 最終回では、最終審査へと勝ち上がったラッパーたちの中から優勝者を決めるファイナルステージの模様を届けた。ファイナルステージでは、ShowyRENZO、EASTA、Fuji Taito、eyden、そして敗者復活を果たしたCYBER RUIの5人が激突し、それぞれ番組の課題ビートを使用した2曲とオリジナル楽曲の計3曲を披露。審査は“パフォーマンス部門”と“楽曲部門”の2部門で採点され、審査員たちの採点による総獲得ポイント数が最も高いラッパーが優勝となる。

 全5組によるパフォーマンスが終わり、優勝者を決める最終ジャッジでは、AKLOが「とにかく一番HIPHOPを感じさせてくれた」、IOは「“これがラッパーのライブだよな”っていうのを見せられた」、T-Pablowさんも「一番ノれるし、一番楽しいし、正直一番心を持っていかれた」「ライブを想定した楽曲の作り方っていうところもすごく良かった」と絶賛するなど、圧巻のパフォーマンスで審査員を圧倒したeydenが優勝した。

 新たな“ラップスタア”に輝き、優勝賞金として、未来を切り開く活動資金300万円を手にしたeydenは「信じらんないっす」と驚きながらも、「まず一番近くにいる仲間。あと親っすね。先輩とか…もうみんなに伝えます!」と喜びを語った。

 また、番組の最後には、審査員たちの総評も。YZERRは「ここにいる5人は日本のラッパーのトップクラスのスキル、実力もあると思うので、こんなのを見させてもらって、自分自身もすごいやる気が出た。逆にめちゃくちゃ感謝してます」としみじみ。

 Awichは「今日の結果に関わらず、これからもみんなを見ていくと思うので本当に楽しみ。自分もこの日本で、HIPHOPシーンの中での居場所を確立していかなきゃっていう気持ちになった。刺激になりました」とファイナリストたちの戦いに自身らも奮い立ったと語り、R-指定は「“ラップスタア”は今回eydenやけど、“5人とも全員何かしらのスターになる可能性しかないな”と思うくらいめっちゃいいメンツやったと思う。ラップに関してもライブに関しても、全員に勉強させてもらいました」とエールを送った。

 新たな“ラップスタア”が誕生したファイナルステージの模様や全5組の挑戦者による圧巻のパフォーマンスは、きょう27日より3日間、無料で視聴可能。なお「ABEMA」のプレミアムプラン「ABEMAプレミアム」では、“ラップスタア”に輝いたeydenのその後の様子に迫った密着動画も28日夜に公開予定となっている。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。