『ミステリと言う勿れ』菅田将暉の長ゼリフに驚きの声「セリフ量がやばすぎる」(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

俳優の菅田将暉が主演するドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第1話が10日に放送。長ぜりふを淡々と述べていく菅田の演技に反響が集まっている。

【写真】刑事から疑われてしまう整(菅田将暉) 第1話を写真で振り返り!

 本作は累計発行部数1300万部を突破した田村由美の同名漫画(小学館「月刊フラワーズ」連載中)の実写ドラマ化作品。菅田演じる天然パーマがトレードマークの大学生・久能整が、淡々と自身の見解を述べるだけで難事件や人の心の闇を解きほぐしていく“ミステリのようでミステリでない“、令和版・新感覚ミステリードラマ。

 整は天然パーマにコンプレックスを持つ、友達も彼女もいないカレーをこよなく愛する大学生。ある日、整の家の近所の公園で遺体が発見される。被害者の寒河江健(藤枝喜輝)と同じ高校の出身で同じ大学に通っていた整は、刑事の薮鑑造(遠藤憲一)たちから任意同行を求められる。整と被害者が言い争っていたところを見たという目撃証言があったというのだ。

 整は刑事に「みなさんは目撃者の人をよく知ってるんですか?」と質問。刑事がそんなわけはないと答えると「じゃあ僕と立場は同じですよね。みなさんがよく知らない人物。それなのにどうしてその人は本当のことを言っていて、僕の方は嘘をついているって思えるんですか?」と無実を訴える。そんな調子で整は人を観察し、淡々と自分の考えや理屈を述べ、事件の謎をひも解いていく。

 長ゼリフが多く、淡々と理屈を述べていく整を演じる菅田のセリフ量に視聴者からは「膨大なセリフ量…」「セリフ量がヤバすぎる」「長台詞、凄い」などの驚きの声や「さすがだった」「無機質に話す菅田くんがクセになる」「菅田くんの演技はやっぱり引き込まれる」などの声が相次いでいる。

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。