『マンダロリアン』シーズン4の制作もすでに進行中(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

2023年にシーズン3が配信開始予定のドラマシリーズ『マンダロリアン』の制作者、ジョン・ファヴローが、同作のシーズン4の制作もすでに進行中だと発言した。
「スター・ウォーズ・セレブレーション」でCinemaBlendのインタビューに答えたファヴローは、すでに『マンダロリアン』シーズン4の脚本に着手していると話している。ドラマシリーズというフォーマットをとても気に入っており、「スター・ウォーズ」関連で予定されているシリーズの数が増えていることを喜ばしいと思っているのだという。また、これらのプロジェクトはファヴローの執筆にも影響を与えているそうだ。

「マンダロリアン」画像・動画ギャラリー

「ドラマシリーズでは、急いで1時間30分や2時間以内におさまるようにする必要がないので、とても幸運だと思っています。ストーリーをゆっくりと語ることができます」とファヴローは言う。「今、デイブ(・フィローニ)が『Ahsoka(原題)』をやっているところですが、その情報が僕が今書いている(『マンダロリアン』の)シーズン4にとってとても役に立っています。その内容をどう取り入れるか、より正確になりますから」
人気シリーズ『マンダロリアン』のシーズン3は2023年2月に配信開始予定となっている。ドラマシリーズ『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』で再会したディン・ジャリンとグローグーのストーリーが続いていくものと思われる。これら2つのシリーズの間のつながりが「イマジネーションを生み出すとても豊かな土壌」を作り出し、取り入れようと思うことがさらに増えているとファヴローは説明している。
「『マンダロリアン』の最初のシーズンを書いていたときには、何でも可能でしたし、どこにでも舞台を設定できました」とファヴローは言っている。「今は、考えなければならないことがあります。なぜヘルメットをかぶったマンダロリアンとそうでないマンダロリアンがいるのか。マンダロアに何が起こったのか。そのとき、ボ=カターンは何をしていたのだろう? 彼女はどう感じたのだろう? ダークセーバーはどこにあるんだろう?」

「スター・ウォーズ・セレブレーション」の会場では『マンダロリアン』シーズン3の映像が初公開された。これまでに登場しているキャラクターが再登場するプロモーションビデオのような映像となっている。映像では以下のキャラクターが確認された。

アーマラー(エミリー・スワロー)
グリーフ・カルガ(カール・ウェザース)
カーソン・テヴァ(ポール・サン=ヒョンジュ・リー)
ペリ・モットー(エイミー・セダリス)
ボ=カターン・クライズ(ケイティー・サッコフ)

来年配信予定の『Star Wars: Skeleton Crew(原題)』、8月配信予定の『キャシアン・アンドー』、実写版ドラマシリーズ『Ahsoka』の初公開映像など、これから登場する予定の「スター・ウォーズ」関連のニュースはほかにも数多く発表されている。
スター・ウォーズ・セレブレーションに関連する主な情報は、こちらのページでチェックできる。

コメントは受け付けていません。