『マイファミリー』藤間爽子、正体判明で「肩の荷が下りた」 友人からはメッセージ殺到(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

衝撃的な展開で視聴者の話題を集める二宮和也主演の日曜劇場『マイファミリー』(TBS系/毎週日曜21時)。連続誘拐事件に巻き込まれる鳴沢温人(二宮)らが犯人と対峙していく本作で、誘拐事件に関わっていた鈴間亜矢を演じているのが、藤間爽子だ。難役に挑んだ藤間に話を聞くと、6話で誘拐犯だと判明した時の周りの反響や物語のキーパーソンを演じた感想、主演の二宮の印象などを明かしてくれた。

【写真】『マイファミリー』第8話 最終章スタート “東堂”濱田岳、犯行に至った理由を明かす

 『グランメゾン東京』(2019年)、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(2021年)などを手掛けた脚本家・黒岩勉がオリジナルで描く本作は、誘拐された娘を取り返すための唯一の方法として警察を排除することを決意した夫婦が、娘を取り返すべく戦っていくストーリー。犯人をとり逃すも、娘を取り戻した温人。だが、温人の大学時代の友人・三輪(賀来賢人)や阿久津(松本幸四郎)の娘の誘拐事件が立て続けに発生。阿久津の娘の誘拐事件で窮地に追い込まれる中、7話のラストでは、温人の親友で自身も5年前に娘を誘拐された東堂(濱田岳)が「俺が誘拐した」と衝撃の告白をし…。

 日曜劇場初出演となる藤間。オファーを聞いた時のことを、「とてもうれしい気持ちと、共演者の皆さんが豪華なメンバーだったので、まだ女優としてキャリアが浅い私が足を引っ張らないかという不安が同時に押し寄せました」と回顧。「役を頂いてからは、鈴間を台本に描かれている以上にもっと魅力的な人間にしたいという熱い想いも一緒にこみ上げてきて、現場に臨ませていただきました」と凛々しい表情で語る。

 今回演じる鈴間は、温人が経営する「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」の社員で、東堂とともに誘拐事件を起こすという物語のキーパーソン。藤間は「重要な役割を担った複雑な役を演じられるかしら…という気持ちはありましたが、やっぱり演じていて面白かったです」とニヤリ。

 鈴間が誘拐事件に関与していることは6話で判明したが、「6話が放送された時はちょうど撮影中で。終わって携帯を見たら、友達から『お前だったのかー!』という驚きのメッセージがたくさん届いていました」と反響が大きかったそうで、「鈴間は相関図に載っているのに前半はなかなか登場してこず、『どういう役どころなの?』『怪しい』といろんな人から言われていたんですけど、答えづらくて…。また、共演者の方でも(鈴間の背景を)知らない方がいらっしゃったので、本当に騙してるような気持ちもあり、やっと6話が放送されてホッとしたというか、少し肩の荷が下りました」。家族の反応について聞くと、「『あなたが誘拐するように見えないわよ』と言われました」と苦笑いする。

 鈴間を演じる上で意識していたことを聞くと、「バレない演じ方か、バレるような演じ方なのか、そこは芝居をしていてすごく難しくて。笑っていても裏で何かを思っていたり、誘拐したのは自分だと見えるような芝居をしたほうがいいのか、その都度、監督と相談しながらやってました」と告白。

 また、本作は犯人考察がさまざまなSNSで繰り広げられているが、「そういうのがあると聞いて、チェックするようになって。YouTubeの考察動画は家で見たり、監督たちと一緒に見たりしてます」と明かし、「考察YouTuberの方たちは、私以上にすごく考えていて勉強になりますね」と微笑む。
 
  主演の二宮とは初共演。二宮については「アイドルやバラエティに出られている時のキラキラした一面と、役者としての一面という2つの顔を持っていて、常にナチュラルな方なイメージを持っていました」と打ち明け、「いざお会いしても本当に飾っていなくて、連日の撮影で忙しくきっと疲れているはずなのに、疲れてる感じは全くなく、いろんな人と楽しそうにお喋りしている姿が印象的で。撮影はすごく緊迫したシーンが多いですけど、裏は穏やかな感じなのは、二宮さんがきっとそういう風にしてくださっているからだと思います」と感謝する。

コメントは受け付けていません。