『マイファミリー』ラストの衝撃展開にネット悲鳴「つらい」「最悪すぎる」(ネタバレあり)(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

二宮和也が主演を務め、多部未華子が共演する日曜劇場『マイファミリー』(TBS系/毎週日曜21時)の第8話が29日に放送。ラストの展開に「まじで無理」「最悪すぎる」などの声が集まっている。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)。

【写真】『マイファミリー』第8話 東堂(濱田岳)の犯行理由は?

 東堂(濱田岳)は、温人(二宮)の娘・友果(大島美優)と、三輪(賀来賢人)の娘・優月(山崎莉里那)を誘拐した犯人だった。東堂は温人たちに犯行の理由を話し始める。

 東堂は心春(野澤しおり)を取り戻すために、心春を誘拐した犯人の模倣犯になることを思いついた。同一犯による誘拐事件が起これば、警察は捜査を再び本格化させると思ったのだ。

 最初に東堂は、妻の妹・鈴間(藤間爽子)と協力して友果の誘拐を実行。暴露本を出した後には心春を誘拐した犯人から連絡があり、温人を交渉人にして優月を誘拐しろと命令された。しかし、阿久津(松本幸四郎)の娘・実咲(凛美)を誘拐したのは東堂ではなく、心春を誘拐した犯人だという。

 東堂の話を聞いた後、温人たちは犯人の正体を暴いて実咲と心春を取り戻すと決意。温人たちが犯人に指定された場所に到着すると、犯人から「警察に通報しましたね。取り引きは中止です」と連絡が来る。

 温人が阿久津に連絡をすると、阿久津は警察に連絡したと告白。香菜子(高橋メアリージュン)からの情報で、温人のことが信じられなくなったのだという。そして温人が建物の裏に向かうと、そこには血を流して倒れている実咲の姿があった。

 温人は実咲の姿を見て「なんでこうなるんだよ!」と叫ぶ。そこへ警察が現れ、温人の腕をつかみ「署までご同行願います」と告げるのだった。

 ラストの展開に視聴者からは「え…マジ…」「まじで無理」「つらい」「最悪すぎる」「最悪の結末」「なんでこうなるの…」「こんなのってないよ…」などの声が相次いでいる。

【広告】

     キレイになれて謝礼金までもらえる、

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。