『ボヘミアン・ラプソディ』監督、少年への性的虐待疑惑が再燃…反論コメント発表(シネマトゥデイ)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ブライアン・シンガー監督 – Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の監督ブライアン・シンガーによる少年への性的虐待疑惑が再燃している。現地時間23日、米誌 The Atlantic が4人の新たな被害者のインタビューを含む記事を掲載し、シンガーはすぐさま「1997年にまで遡ってわたしに執着している、同性愛者を嫌悪する記者によって書かれた記事」だと反論コメントを発表した。

【写真】こんなにそっくり!クイーン役キャストと本人を比較

 シンガーは2017年、シーザー・サンチェス・グズマンから「2003年、17歳の時にヨットでレイプされた」と訴えられていた。シンガーは否定しており、現在係争中。2014年にも17歳の時に彼から性的に虐待されたというマイケル・イーガンに訴訟を起こされたが、こちらは訴えが取り下げられている。

コメントは受け付けていません。