『ボヘミアン・ラプソディ』あのシーンから撮影だった!(シネマトゥデイ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:ブライアン・メイ役のグウィリム・リー – Roy Rochlin / Getty Images

映画『ボヘミアン・ラプソディ』でクイーンのギタリスト、ブライアン・メイを演じたグウィリム・リーが、ライヴ・エイドの撮影について振り返った。

【動画】ライヴ・エイド完コピがすごい!実際の映像と比較

 ライヴ・エイドはクイーンが1985年に出演した20世紀最大のチャリティー音楽イベントで、映画のラストを飾るシーン。バンドのパフォーマンスから、ピアノの上にあるペプシのカップといった小道具までが当時のように再現され、その完コピぶりが話題に。映画ではクライマックスだったライヴ・エイドだが、キャストたちは撮影初日にそのシーンに挑まなければならなかったという。

コメントは受け付けていません。