『ホイール・オブ・タイム』、Amazonでもっとも制作費が高いドラマシリーズのひとつに(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

『ホイール・オブ・タイム』のように、壮大な景色や長いマント、ドラマチックな乗馬シーン、大掛かりな武器、そして魔法のシーンなど、ハイファンタジーの実写版を完成させるには多額の制作費がかかる。実際のところ同シリーズは、今までにAmazonが制作したなかでもっとも費用を投じた番組のひとつなのだという。
IGN USとのインタビューで、この点についてAmazonスタジオのテレビ部門で共同部長を務めるヴァーノン・サンダース氏が語っている。彼は、同シリーズでショーランナーを務めるレイフ・ジャドキンスが、同じくAmazon制作のハイファンタジーとなるドラマ版『指輪物語』と比較したら、予算は“微々たるもの”だと発していたコメントについて、次のように回答。
サンダース氏は、「『ホイール・オブ・タイム』は、今までに我々が手がけた中でもっとも制作費が高い番組のひとつです。よって、我々はその投資を誇りに思っており、それがスクリーンで証明されると思っています。そしてシーズン2は、シーズン1よりも制作費を費やしています」と答えている。

サンダース氏は具体的な数字は明かさなかったが、そのインタビューで、Amazonが興味を持っている壮大なストーリーを語る素材として、こういったハイファンタジーやSF小説の映像版を数多く制作したいと発言。例えば、『ホイール・オブ・タイム』のシーズン2は、知名度も予算も大きいドラマ版『指輪物語』に共食いされることはないと断言し、この2本のドラマシリーズは時間とともに、双方の視聴者を増加させることに役立つだろうと見解を述べていた。
またサンダース氏は、ファンタジードラマ『グッド・オーメンズ』の原作者であるニール・ゲイマンとのコラボレーション、トールキン財団、(『ホイール・オブ・タイム』の原作である)『時の車輪』のさまざまな利害関係者――ジョーダン家(原作者ロバート・ジョーダンの遺族)との関係についても前向きに感じていると語っていた。また、Amazonは将来的なプランとして、同ジャンルのほかの文学作品を検討している可能性もあるようだ。
サンダース氏は、「今は、ジャンルとファンタジー・ファンダムの時代です。少なくともPrime VideoとAmazonの待機作が人々を驚愕させると思っています。よって、それらのコンテンツの本拠地がAmazonであることを、これ以上なく誇りに思っています」とも語っていた。

加えてIGNはサンダース氏と、ロバート・ジョーダンの14冊にわたる小説『時の車輪』シリーズと前日譚に対するAmazonの理想や、ドラマ版が11億6000分以上の総再生時間(ニールセン調べ)でデビューして大きな成功を収め、さらに数字を伸ばしていることについても話をした。
IGNは、『ホイール・オブ・タイム』第1~3話を堪能し、「ゴージャスで演技も素晴らしく、脚本も力強い」とレビュー。原作に固執することなく、小説の要素を理解してバランスが取れていると評している。最新エピソードとなる第7話の刺激が十分ではなかったが、ドラマ版は12月24日に最終話が配信されてシーズン1が終了。すでに、シーズン2への更新が決定している。

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

            タニマドンナ

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。