『ベア・ナックル』の映画化企画が進行中 脚本は「ジョン・ウィック」シリーズのデレク・コルスタッド(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

90年代の名作ベルトスクロールアクションゲーム『ベア・ナックル』を原作とする映画が制作されるようだ。Deadlineによると、この新たなビデオゲーム原作映画は、脚本に「ジョン・ウィック」シリーズのデレク・コルスタッドを迎えて進行中とのことだ。
セガが既存の作品のさらなる映画化に着手するには間違いなく良いタイミングのように感じられる。映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』は全米で公開されて以来優れた興行収入を記録し、評論家からも高い評価を受けているからだ。

『ベア・ナックル』がメガドライブに初めて登場したのは1991年のことで、これまでに数々の続編が生まれている。この横スクロールアクションのストーリーは、元警官のキャラクターたちが極悪非道な犯罪シンジケートを倒すために街に繰り出すというものだった。
このシリーズは発売以来、Xbox One、PS4、さらにはNintendo Switchにも登場してきた。『ベア・ナックル』は一定の年齢層のゲーマーの間では特に名タイトルとみなされているため、映画化も自然な選択だと思われる。
『ベア・ナックル』は、上々の興行成績を挙げた『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』に続き、dj2 Entertainmentが手がける最新のビデオゲーム原作映画となる。また同社は『It Takes Two』の映画化にも着手している。
一方、脚本のデレク・コルスタッドはジェラルド・バトラー主演の強盗映画『Just Watch Me(原題)』の制作でも多忙を極めている。なお「ジョン・ウィック」4作目および5作目は現在制作中だが、コルスタット抜きで進行している。

「ベア・ナックル」シリーズの最新作である『ベア・ナックルIV』は2020年に登場し、大きな反響をもって迎えられた。
『ベア・ナックルIV』について、IGN USのレビューでは次のように評価していた。「現代的なコーティングで昔ながらの『ベア・ナックル』のゲーム体験を届けることが第一目標だとすれば、それは間違いなく成功している。しかし、いくつか新しく興味深いシステムを追加しているとはいえ、四半世紀前のフォーマットに対して非常に保守的な追加要素であり、過去の奴隷となっているようにも感じられる」
このシリーズが映画向けにどのように翻案されるかは、今のところまだわかっていない。

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。