『シン・ウルトラマン』オマージュが散りばめられた冒頭映像(1分17秒)を48時間限定公開(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

庵野秀明氏が企画・脚本を手がけ、斎藤工が主演した『シン・ウルトラマン』(樋口真嗣監督)が、今月13日の公開初日から本日までの14日間で観客動員数150万人を突破。この“大ヒット御礼”企画として、本編冒頭映像1分17秒が、あす27日(金)午後8時から29日(日)午後7時59分までの48時間限定で公開される。

【画像】庵野秀明セレクション『ウルトラマン』上映決定

 今回、WEBで48時間限定公開される冒頭の映像では、日本に禍威獣が次々と現れ、それが日常化していく、“前史”が描かれる。ウルトラマンシリーズの“原点”へのオマージュ・リスペクトが散りばめられた映像は、スピーディな展開と高揚感にあふれ、『シン・ウルトラマン』の世界に引き込まれること必至だ。

 さらに、緊急企画として、6月3日から12日までの10日間、全国13劇場にて、庵野秀明セレクション『ウルトラマン』(4K)特別上映の開催も決定。この上映イベントでは、本作の企画・脚本を務める庵野氏が、『ウルトラマン』(1966年)からセレクトした4エピソード(下段に詳細)を、映画館の巨大スクリーンおよび迫力の4K映像でお楽しめる、ファン垂涎の企画。『シン・ウルトラマン』を観る前・観た後に庵野秀明セレクションもあわせて観ると、両者の世界をより深く楽しむことができる。

 さらに、伝説の短編アニメ企画「日本アニメ(ーター)見本市」より、『ザ・ウルトラマン』が今月30日より、ウルトラマン公式YouTubeチャンネル(ウルチャン)にて期間限定公開される(5月30日午前10時~6月30日終了予定)。

■庵野秀明氏セレクション『ウルトラマン』エピソード4作品

第18話「遊星から来た兄弟」
監督:野長瀬三摩地
脚本:南川竜・金城哲夫

第26話「怪獣殿下(前篇)」 
監督:円谷一
脚本:金城哲夫・若槻文三

第28話「人間標本5・6」
監督:野長瀬三摩地
脚本:山田正弘

第34話「空の贈り物」 
監督:実相寺昭雄
脚本:佐々木守

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。