『ゴシップ』“凛々子”黒木華、「見つけた」ニヤリと笑う姿に反響「ゾクッとした」(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

女優の黒木華が主演を務めるドラマ『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第1話が6日に放送。空気は読めないが、ブレない凛々子(黒木)の姿や、目当ての記事を見つけ出し「見つけた」とニヤリと笑うシーンに反響が集まった。

【写真】ブレない凛々子(黒木華)に反響 『ゴシップ』第1話を写真で振り返り! 

 本作は、大手出版社が運営するニュースサイトの編集部員を主人公に、そこで働く者たちの仕事・生き方・恋愛を通して、新時代の“人と人とのつながり”を描く、完全オリジナルの社会派“風”お仕事エンターテインメント。黒木が主人公の瀬古凛々子を演じる。

 クスノキ出版の経理部に所属する凛々子は、執行役員の仁和正樹(安藤政信)からニュースサイト「カンフルNEWS」の立て直しをするよう命じられる。「カンフルNEWS」のPVは月間50万程度で、編集部員たちにもやる気が見えない。

 凛々子は「月間5000万PVにする」と宣言。戦略は「ゴシップで攻める」ことだという。凛々子の同期・根津道春(溝端淳平)はがんばってもそんなことは絶対に無理だといい「モチベとかやりがいなんか持てるわけないだろ。こんなクズみたいな仕事」と投げやりに言い放つが、凛々子は「仕事はクズじゃない。クズなのはそう思ってる人」と告げる。

 ある日、編集部員たちはSNSでゲームアプリ会社のグリフィン・ラボがパワハラ企業だという投稿を見つける。凛々子が止める中、取材もせず記事をアップしたが、グリフィン・ラボからは名誉毀損での訴訟を視野に入れていると言われてしまう。

 謝罪記事を出すことになった凛々子は、SNSで最初にグリフィン・ラボのパワハラの件を投稿したユーザーを突き止め、徹底的に取材。そして「ネットにアップされたその記事を読んで、人がどう感じるのか。それは私にはよく分かりません。だけど、あなたのやった事実をありのまま書きます。それが私の仕事ですから」と告げ、取材で得た情報をうそ偽りなく記事化するのだった。

 空気を読むことは苦手だが、ブレない凛々子の姿に視聴者からは「事実しか書かない凛々子編集長を応援したい」「凛々子のキャラ好き」「凛々子ちゃんカッケェ…」などの声が続々。真実を突き止めるために460冊ものバックナンバーから目当ての記事を見つけ出し、「見つけた」とニヤリと笑うシーンにも「不敵な笑みがとてもいい」「鳥肌すぎる、、」「いい顔」「ゾクッとした」などの反響が集まった。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。