『キャシアン・アンドー』のシーズン1では1年間の出来事が描かれ、シーズン2ではその後の4年間が描かれる(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

2022年5月に開催されたスター・ウォーズ・セレブレーションで、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の前日譚ドラマシリーズとして期待されているDisney+の『キャシアン・アンドー』のファーストルックが、ついに初お披露目となった。このシリーズは『ローグ・ワン』の5年前が舞台となるとわかっていたが、最新インタビューでシーズン1が1年間の出来事、シーズン2がその後の4年間にわたる物語を描くことが明らかとなった。

「キャシアン・アンドー」画像・動画ギャラリー

Empireとの取材で、『キャシアン・アンドー』のショーランナー・製作総指揮者であるトニー・ギルロイがこの情報を明かし、どのように番組が組み立てられているか、また、いかに撮影スケジュールが「シーズン2の異なる構成に有機的に繋がっているか」について舞台裏の詳細を語っている。
ギルロイは、「番組のスケールは非常に大きいです。監督は3話単位で仕事をしているので、(シーズン1では)3話ずつ4つのブロックを作りました。そして、“もしシーズン2が制作されるなら、1つのブロックを1年に見立てたら面白いかもしれない”と考えたんです。各ブロックで1年を描く。物語の観点からすると、3話で1年分をジャンプするような作品に取り組めるのは本当にエキサイティングです」と述べている。
各シーズンは全12話となり、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が最後に起こる大きな出来事にフォーカスして描かれているのに対し、『キャシアン・アンドー』は物語を構成するキャラクターをより深く掘り下げていくと、Empireにディエゴ・ルナが語っている。ルナは、番組の主人公であるキャシアン・アンドー役を再演する。

2018年に初めて発表された『キャシアン・アンドー』は、泥棒から反乱軍のスパイとなったアンドーが、デス・スターの設計図が盗まれる「ローグ・ワン」の出来事に至るまでを描く。このシリーズには、以前カットされたキャラクターも登場する可能性があるという。
『キャシアン・アンドー』は、2022年8月31日に初回の2話分がDisney+で配信予定。

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントは受け付けていません。