『カムカムエヴリバディ』安子は再び岡山へ…無言で待ち構える美都里に「圧倒的ラスボス感」「無言の圧」(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK総合/毎週月曜~土曜8時ほか)の第5週「1946-1948」(第25回)が3日に放送され、岡山へ戻った安子(上白石萌音)たちを無表情かつ無言で待ち構える義母・美都里(YOU)の姿に、ネット上には「恐怖でしかないわ」「圧倒的ラスボス感」といった反響が巻き起こった。

【写真】安子(上白石萌音)に岡山へ戻ってくるよう説得する千吉(段田安則)

 大阪で暮らす安子(上白石萌音)の前に義父・千吉(段田安則)が姿を見せる。安子は突然、雉真家からいなくなったことを謝罪し、義母・美都里のことを心配する。千吉は、美都里が寝込んだままだということを伝えつつ、るい(中野翠咲)と一緒に戻ってくるように説得。「もう“再婚せぇ”とは言わん」と話しながら「るいさえ戻りゃあ、美都里もつろう当たったりゃせんじゃろぉ」と語る。この千吉の言葉に、ネット上には「美都里さんは、逆に辛く当たると思う」「それは読みが甘すぎる千吉さん」「るいちゃん連れて戻ったら、美都里さん全力でるいちゃん奪いにこない?」などの声が寄せられた。

 安子は岡山へ帰ることを固辞すると、千吉は仕事で頻繁に大阪に来ていると話し「また寄らせてもらう」と立ち去る。しかしその後、安子の仕事はさらに忙しくなり、るいと一緒にラジオの「カムカム英語」も楽しめない日々が続く。そんなある日、安子は心労が重なったことから自転車の運転中に事故で骨折。さらにるいの頭に一生残る傷を負わせてしまう。

 その後、岡山から駆けつけた勇(村上虹郎)の説得もあり、安子はるいを連れて雉真家へ戻ることを決意。第25回のラストは、勇に連れられた安子とるいが雉真家へ戻るシーン。るいと手をつなぎながら意を決して玄関に足を踏み入れた安子は、浴衣姿で正座をしながら無表情かつ無言で待ち構えていた義母・美都里の姿を目にする。そして美都里の冷たい視線を浴びて思わず絶句する安子の強ばった表情で第25回は幕を閉じた。

 安子を出迎えた美都里の姿に、ネット上には「無言の圧」「めっちゃ怖いんですけど」「姑にこんな出迎え方されたら恐怖でしかないわ」といったコメントや「きたぁ~ラスボス!!」「美都里さんの圧倒的ラスボス感」「美都里さんこわすぎラスボスじゃん」などの投稿が相次いだ。さらに放送後には「るいの傷のことで美都里さんにめっちゃ罵られそうやなぁ…」「雲行きが怪しくなる予感」「まじ安子ちゃんが報われる未来が欲しい…」などの声も集まっていた。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。