『となりのチカラ』主題曲に上原ひろみ演奏「上を向いて歩こう」 主演・松本潤にエール(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

嵐の松本潤が主演する1月20日スタートのテレビ朝日系木曜ドラマ『となりのチカラ』(毎週木曜 後9:00)の主題曲に、世界的ジャズピアニストの上原ひろみが演奏する「上を向いて歩こう」が決定した。

【写真】松本潤主演ドラマ 『となりのチカラ』のカギを握る猫

 同ドラマは、思いやりと人間愛だけは人一倍、だけど何をしても中途半端で半人前な男・中越チカラ(松本)が、同じマンションに住む住人たちの悩みを解決し、やがてそのマンションがひとつのコミュニティーとなって強いつながりを持っていく社会派ホームコメディー。脚本と演出を遊川和彦氏が手掛ける。

 上原は東京2020オリンピックの開会式でも演奏を披露し注目された。今回は、言わずとしれた坂本九さんの名曲を上原がピアノアレンジし、しかも毎話違った編曲を披露してくれるとのこと。

 主題曲への起用に上原は「自由にのびのびとやらせていただいて、感謝しています」と喜びのコメント。「台本をいただいて読み、この物語の中のキャラクターに寄り添いたいという気持ちを曲に落とし込みました。曲が映像と一緒になって、皆さんのもとに届けられるのが今から楽しみです。この作品には一話一話、いろいろな背景や物語を持った人物が登場するので、その人たちの気持ちを少しでも音楽で代弁できるように、毎話アレンジを変えました」と、楽曲へのこだわりを明かした。

 また、主演の松本とは「《お芝居》と《音楽》という形で初めて一緒にお仕事できることが楽しみ」と、タッグを心待ちにしている。「松本さんが演じる中越チカラは、今まで演じられたことのないようなキャラクターだなと思ったので、そんな松本さんを見るのも楽しみです」と作品への期待も寄せた。

コメントは受け付けていません。