『ちむどんどん』「ウチが行く!」暢子、決意の表情に感動「切ない」「涙出る」(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

黒島結菜がヒロインを務める連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK総合/毎週月曜~土曜8時ほか)の第2週「別れの沖縄そば」(第9回)が21日に放送され、暢子(稲垣来泉)が家族を救うために東京へ行くことを決意。暢子がラストシーンで見せた表情に対して、ネット上には「切ない」「朝から泣く」「涙でる」といった声が集まった。

【写真】明日の『ちむどんどん』場面カット 暢子(稲垣来泉)が家族と離れる時がやってくる

 東京で暮らす遠い親戚から比嘉家に届いた手紙には“4人のこどものうち、1人なら東京で引き取ってもいい”と書かれていた。4きょうだいはこの事実を知り東京に興味を示す。暢子も同様に東京行きを意識し出すものの、本心では行きたくないという思いを抱えていた。

 ある日、比嘉家に暢子の大叔父・賢吉(石丸謙二郎)たちが訪れ、誰を東京へ行かせるのかを優子やきょうだいに問い詰める。賢秀(浅川大治)や良子(土屋希乃)、歌子(布施愛織)が東京行きを断る中、暢子は「ウチが行く!」と立ち上がる。「ウチ、東京に行きたい!」と家族や親戚の前で宣言する暢子の目には、みるみるうちに涙が溜まっていく。しかし暢子は涙をこらえようと、強がって笑顔を見せる。

 悲しみを押し殺すような表情で東京行きの決意を語る暢子の姿に、ネット上には「暢子、賢いけど切ない」「つらすぎ…」「あの表情切なくて胸が締め付けられた」などの投稿や「笑おうとしている泣き顔に朝から泣く」「涙こぼれないように歯をくいしばってそうな無理な微笑に、号泣」「最後の笑顔、胸が苦しくて涙でる」といったコメントが相次いだ。

 また、暢子の複雑な胸中を見事に表現した稲垣の演技についても「胸打たれた。万感が表情から伝わってきた」「泣き笑いのような表情 秀逸だったなぁ」「暢子ちゃんの最後の表情はグッときた。上手いなぁ」などの称賛が多数寄せられていた。

コメントは受け付けていません。