『ちむどんどん』「お母ちゃんを笑うな!」暢子のビンタに「よくやった!」の声(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

黒島結菜がヒロインを務める連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK総合/毎週月曜~土曜8時ほか)の第2週「別れの沖縄そば」(第8回)が20日に放送され、中学生男子に母・優子(仲間由紀恵)のことをからかわれた暢子(稲垣来泉)がビンタで応戦。ネット上には「よくやった!」「暢子の気持ちわかる」といった反響が寄せられた。

【写真】明日の『ちむどんどん』場面カット 優子(仲間由紀恵)、1通の手紙から大きな悩みを抱える

 運動会で順調な走りを見せていた暢子だったが、ゴールの手前でズックが破けて転倒。結果は最下位となってしまう。賢秀(浅川大治)の同級生・島袋(吉田日向)はそんな暢子の姿を大声でからかう。そんな暢子の仇を打つために、賢秀はボロボロのズックを脱いであえて裸足で走ろうとすると、圧倒的な速さで1位となり島袋を見返すのだった。

 和彦(田中奏生)が東京へ戻る日が近付いていたある日、賢秀と暢子、智(宮下柚百)、和彦の4人で薪木を集めていると、そこへ島袋が高校生たちを引き連れてやってくる。島袋は「お前たちの母ちゃん、工事現場で働いてるなぁ」と賢秀と暢子に話しかけ「いくら貧乏でもあそこまでやるかぁ? 男にまじってドロドロでかっこ悪いなぁ!」と言い放ち大笑いする。

 激怒し、殴りかかろうとする賢秀を止める智と和彦。その脇から暢子が島袋に近づいて、何も言わずにビンタを一発食らわせる。そして暢子は「謝れ! お母ちゃんを笑うな! 謝れ!」と声を上げる。母・優子と自分たち家族の尊厳を守るために年上の男子に怯まず応戦した暢子の姿が描かれると、ネット上には「ナイス!」「よくやった!」「スカっとしたぁ!」「清々した」などのコメントや「暢子だって我慢できんよ」「暢子の気持ちわかる」といった共感が相次いで寄せられた。

 その後、ケンカについて学校に謝りに出かけた優子は担任教師(清水伸)から「島袋のお父さんも“ケンカ両成敗”と言ってましたし…」と説明されると、ネット上には「喧嘩両成敗とは…?」「いや喧嘩両成敗じゃないでしょ」「あれは喧嘩両成敗じゃない」などの声も寄せられていた。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(強靭配方)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。