『じゃない方の彼女』乃木坂46・山下美月の“不意打ちキスシーン”に驚きの声(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

俳優の濱田岳と乃木坂46の山下美月が出演するドラマ『じゃない方の彼女』(テレビ東京系/毎週月曜23時6分)の第1話が11日に放送。山下演じる怜子による“不意打ちキスシーン”に驚きの声が上がった。

【写真】こちらも反響の大きかった「カーディガンが脱げて、ノースリーブ姿になってしまう」乃木坂46・山下美月

 本作は、濱田演じる目立つことのない人生を送ってきた既婚者の男性が、山下ふんする“天然魔性の女子大生”に出会うことで、妻と妻じゃない方の彼女との間で揺れ動く不倫コメディー。企画・原作を秋元康が手掛ける。

 真面目な大学准教授・雅也は、妻・麗(小西真奈美)、一人娘の沙織(宝辺花帆美)と平凡に幸せな日々を送っていた。

 ある日、スーパーに買い物へ出かけた雅也は、女子大生・野々山怜子(山下)と共に故障したエレベーターに閉じ込められてしまう。初対面の2人は復旧までの間、たわいのない会話をかわす。

 後日、雅也の職場である大学が怜子の通う大学であったことから、2人は偶然大学で再会。さらには、雅也が通う盆栽教室に怜子も通っていたことで、2人は3度目の再会を果たす。

 怜子に食事の誘いを受けた雅也は、家族への後ろめたさを感じながらも、積極的な怜子に言われるがまま食事を共にする。

 怜子は「偶然が3回続くと、奇跡が起きるんですって」と言う。「うちの父がよく言っていたんです。男と知り合っても、すぐに恋をするな。偶然が3回重なって、運命の人だって思えたら恋をしろって」と話す怜子に、雅也は「でも僕じゃないかな。だってさほら、結婚してるし」と薬指の指輪を見せた。

 しかしその帰り、別れのあいさつをした2人がそれぞれ反対方向に歩いていると、怜子が雅也の方を振り返る。「先生!」と雅也の元へ駆け寄った怜子は、雅也の頬へ不意打ちのキス。ぼう然とする雅也に「何もないと、3回の偶然がもったいないかなって思って」とほほ笑むのだった。

 怜子の“不意打ちキス”に、視聴者からは驚きと興奮の声がネット上に殺到。「初回から色々とすごい展開」「1話やぞ!!!!!!」「嘘でしょ!?」「ガチで羨ましい」などの声が上がっていた。

【広告】

     キレイになれて謝礼金までもらえる、

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。