『おかえりモネ』菅波先生のモデルとなった医師に密着 ナレーションは坂口健太郎「とても光栄」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

俳優の坂口健太郎が、2日にテレビ朝日系で放送されるドキュメンタリー番組『テレメンタリー2022』(毎週土曜 前4:50~5:20)でナレーションを担当する。今回、東日本放送が制作する『うちのセンセイ―元東大病院医師のつくる道―』が放送されるが、坂口がNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(2021年)で演じた菅波光太朗のモデルとなった人物で、宮城・登米市で在宅診療に取り組む元東大病院医師・田上佑輔氏(42)の姿を追うドキュメンタリーとなっている。

【番組カット】『おかえりモネ』菅波光太朗のモデルとなった医師の田上佑輔氏

 『おかえりモネ』では、医事考証も手がけた田上氏。その縁から、東日本放送スタッフからナレーションをオファーされた坂口は快諾した。ぬくもりあふれる穏やかな声で、田上氏の軌跡と奮闘、そして地域医療の課題を伝えた。

 収録を終えた坂口は「田上先生が今まで培ってきたことを、声を吹き込むという形で参加させていただけたこと、とても光栄に思います。地域医療と人々をつなぐ田上先生の生き様を感じてもらえたらうれしいなと思います」と、今回のナレーションにこめた思いを語った。

 テレビ朝日系列の全国24 社が共同で制作している同番組では、系列各局が週替わりで制作を担当し、独自の視点で競作している。

【広告】

      【応援うちわ専門店 ファンクリ】

スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ


コメントは受け付けていません。