「IPPON女子グランプリ」初開催、松本人志「本当にすごかった」まっちゃんねる第3弾(お笑いナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:お笑いナタリー

来週6月25日(土)に「土曜プレミアム『まっちゃんねる』」(フジテレビ系)が放送され、新企画「IPPON女子グランプリ」が初開催される。

【画像】松本人志 (c)フジテレビ(他3件)

「まっちゃんねる」は松本人志が面白いと思うことをテレビで実験していくバラエティで今回が第3弾。「IPPON女子グランプリ」は、松本が大会チェアマンを務める大喜利番組「IPPONグランプリ」(フジテレビ系)を女性の出場者に限定して行うものだ。このたび「女芸人版」「女性タレント版」の2つの対戦に4人ずつ出場。「女芸人版」で、3時のヒロイン福田、蛙亭イワクラ、Aマッソ加納、ハリセンボンはるか、「女性タレント版」で、滝沢カレン、神田愛花、渋谷凪咲(NMB48)、王林が大喜利対決を展開する。

「女芸人版」の中で、はるかは2009年の「IPPONグランプリ」本戦への出場経験を持つ。「女性タレント版」では、大喜利ができるアイドルというイメージが強い渋谷、自身のYouTubeで大喜利を楽しんでいる滝沢が注目を集めそう。松本が「(どんな戦いになるのか)まったくわからないです(笑)。でも、めちゃくちゃ期待値は上がっております!」と熱い眼差しを向ける中、果たしてどんな大喜利が展開されるのか。

「IPPONグランプリ」では出場者同士で審査を行うが、「IPPON女子グランプリ」は松本のほか、「IPPONグランプリ」優勝経験を持つバカリズム、麒麟・川島、千鳥・大悟が審査を担当する。大喜利で出されるお題のいくつかは審査員自らが考案した。

■ 松本人志 コメント
今回の「まっちゃんねる」は、今までとはまったく違う実験を試みたんですが……いやこれ、ちょっとえらいことになりましたね(笑)。女性だけの大喜利大会は無謀やっていう声もあったんですが、いやいや、そんなことはないよ、と。本当にすごかったですから。

■ 渋谷凪咲 コメント
大喜利というピラミッドの頂上にあるような、偉大すぎる番組に参加させていただけて、めちゃくちゃ幸せでした! 焦らないで臨めるように、今までの「IPPONグランプリ」を見返しながら、イメージトレーニングをしました。「ドラムロール大喜利」のボタンを押すタイミングを、1人で机を叩いて練習したり(笑)。

別の番組で共演させていただいているハリウッドザコシショウさんからもアドバイスをいただいたんですよ。「周りを気にしないで、どんどんボタンを押したほうがいいよ」とか、「思いついた答えは、躊躇しないで全部言っちゃったほうがいい」とか、「IPPONグランプリ」に出場されたことのあるザコシショウさんからいろいろと教えていただいて、すごく心強かったです。

私はこれまで、いろんなところで大喜利をさせていただいてきたんですけど、「自分はアイドルだから」っていう、言い訳みたいな部分が心のどこかにあったような気がしていて。だけど今回は、なんの言い訳もなく、1人の女子として、ただただ面白いことを突き詰めたつもりです。ぜひたくさんの方に観ていただきたいです!

■ 土曜プレミアム「まっちゃんねる」
フジテレビ系 2022年6月25日(土)21:00~23:10
<出演者>
松本人志
「IPPON女子グランプリ」出場者
女芸人版:蛙亭イワクラ / Aマッソ加納 / 3時のヒロイン福田 / ハリセンボンはるか
女性タレント版:王林 / 神田愛花 / 渋谷凪咲(NMB48) / 滝沢カレン
「IPPON女子グランプリ」見届け人
麒麟・川島 / 千鳥・大悟 / バカリズム

コメントは受け付けていません。