「背筋が凍った」クロちゃん被害の全容激白 「自宅前での“おはよう自撮り”」も(AbemaTIMES)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:恵比寿マスカッツ神崎紗衣

「水曜日のダウンタウン」(TBS系)の人気コーナー『モンスターハウス』に出演し、お茶の間に“笑いと衝撃”を届けているお笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃん。すっかり“ゲスキャラ”が定着したクロちゃんの第一の被害者として挙げられるのが、アイドルグループ「恵比寿マスカッツ」の神崎紗衣だ。

 二人の因縁は4カ月前に遡る。神崎のことを一方的に気に入ったクロちゃんの度重なる執拗なアプローチに対して、準備期間2カ月という壮大なお仕置きドッキリを仕掛けた神崎はその間、スタッフ無し、カメラ無しで週4回のデートを重ねた。そして、ドッキリは無事に完結。と思った神崎だったが、クロちゃんの行動は収まらず、ときにエスカレートすることもあったという。

 「コワかったです。怖さというよりは、恐さ。それは恐れのような感覚でした。お仕置きでケリがついたと思っていたのですが、それ以降も連絡はありました。中には『おはよう』ってメッセージが来て、送られてきた自撮り写真を見ると、撮影場所が自宅マンションの前で背筋が凍ったことも……。まるでサイコパス。デートを重ねた期間中、別れ際に『愛してるよ』と目を見て囁かれたときはリアクションに困りました」

 普段のクロちゃんは至って優しいというから「タチが悪かった」と振り返る神崎は、その優しさに見え隠れする「本心と下心」のコントロールの巧みさに言及すると、次のように続けた。

 「よくマッサージをしてくれました。ただ、『胸のリンパを流してあげるね』というのがクロちゃんの決まり文句で、今思えば、胸のリンパさえ本当かどうか……。マッサージは基本的に優しさの表れだと思っていましたが、クロちゃんは本心と下心のバランスが絶妙。断れない雰囲気をつくるのが上手いんです。それに芸能界の先輩として、熱心にアドバイスもしてくれました。恵比寿マスカッツの収録で一緒になった時は、反省会という名目でご飯に誘われることも多々ありました」

コメントは受け付けていません。