「絶景や文化遺産で“ととのい”体験も…」引退した路線バス車両を改良した“サウナ”バスが話題「降車ボタンでロウリュウも」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

近年、個室や会員制など、多種多様な施設が誕生し、テレビ東京系ドラマ『サ道』が放送されるなど、空前のサウナブームを巻き起こしている。サウナ愛好家は“サウナー”と呼ばれ、サウナ後の食事を“サ飯”、サウナに行くことを“サ活”、サウナを巡る旅を“サ旅”と称するなど、さまざまなサ○○が登場している。そうしたなか、役目を終えた路線バス車両をサウナに改良した「サバス」が、話題になっている。なぜバスをサウナに変えたのか? 同事業立ち上げの背景を聞いた。

【画像】降車ボタンのオートロウリュも…随所に路線バスのなごりを感じられる“サウナ”バス

◆コロナ禍で利用者が減るなか、引退した路線バス車両を有効活用

 兵庫県を拠点にバス事業を営む神姫バスの路線バス車両を使用し、サウナに改良した「サバス」。同事業を立ち上げたリバース代表取締役の松原安理佐さんは、2015年に神姫バスに入社。新規事業を立ち上げる戦略部に所属し、バスを使ったさまざまなアイデアを模索していたなか、「サバス」を発案した。

「近年、バス事業者は自家用車の普及や人口減少による利用者の減少という課題を抱えていました。そのうえ、新型コロナウイルスの感染拡大で移動の自粛やリモートワークといった生活様式の変化で更なる影響を受けました。このままではバス事業が成り立たなくなるため、新しい収入源の創出が必要でした。そこで、会社の遊休資産である引退した路線バス車両を有効活用した取り組みができないかと考えました。いろいろと調べていたところ、フィンランドで実際にバスをサウナに改良している事例を見つけました。路線バスを丸ごとサウナにした『サバス』とは少し違うのですが、大型観光バスの後部がサウナ室になっているもので、それが約2年前のことでした」

「会社で何か新しいことをやろうと思っても、事業計画の数字が重要視されるため、決裁の時間がかかり、スピード感を持って進められない」と、神姫バスからの出向という形で昨年5月、自らが社長となって会社を起ち上げ、経済産業省の補助事業へ採択された。しかし、サウナに関して全くの素人であった松原さんは、どのくらいの需要があるかわからないため、日本でのサウナバスの需要を各所に問い合わせたという。

「日本のサウナ業界でお仕事をされている方々に、『日本でサウナバスを作ろうと思っているんですけど、どう思いますか?』と、片っ端からDMを送りました。サウナ施設をプロデュースされている方など、送ったほとんどの方から『面白い』とお返事をいただきました。そのなかでも、一番話にのってくださったのが、現在パートナーを組んでいる日本最大級のサウナ検索サイト『サウナイキタイ』でした。私が直感的に面白いと思ったことを、サウナのプロたちも面白いと思ってくれている。そのうえ、『サウナイキタイ』とのパートナーシップが組めると決まったことで、私自身も『これは絶対に成功するぞ』と確信しました」

コメントは受け付けていません。