「機動戦士ガンダム 水星の魔女」メインキャラ&新MS公開 「スプリガン」の小林寛が監督、大河内一楼がシリーズ構成・脚本(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

MBS/TBS系全国28局ネットで10月から放送を開始する「ガンダム」シリーズのテレビアニメ最新作「機動戦士ガンダム 水星の魔女」から、ストーリーや登場キャラクター、モビルスーツなどが公開された。ティザービジュアル第2弾とメインスタッフも発表されている。

 同作では、数多の企業が宇宙へ進出し巨大な経済圏を構築する時代「A.S.(アド・ステラ)122」を舞台として、モビルスーツ産業最大手「ベネリットグループ」が運営する「アスティカシア高等専門学園」に、辺境の地・水星から編入してきた少女スレッタ・マーキュリーの活躍を描く。

 内向的な性格で、コミュニケーション能力にやや乏しいパイロット科2年のスレッタが、水星で開発されたモビルスーツである主役機「ガンダム・エアリアル」に乗る。また、学園理事長でもあるグループ総裁の娘として、容姿端麗、成績優秀な経営戦略科2年のミオリネ・レンブランが登場する。

 さらに、グループ内御三家・ジェターク社の御曹司で、操縦技術に絶対の自信をもつグエル・ジェタークが「ディランザ グエル専用機」に、御三家・ペイル社が擁立するパイロットで、学園内の誰にも心を開かないエラン・ケレスが「ガンダム・ファラクト」に、御三家・グラスレー社CEOの養子で、ひょうひょうとした振る舞いの色男シャディク・ゼネリが「ミカエリス」に乗り込む。彼らはいずれもパイロット科の3年で、それぞれの社名が冠された寮の筆頭であるという設定だ。

 ティザービジュアル第2弾には、ヒザをついたガンダム・エアリアルの前に立ち、空を見上げるスレッタの姿が描かれている。

 監督に「スプリガン」の小林寛を迎え、シリーズ構成・脚本を「コードギアス 反逆のルルーシュ」の大河内一楼、キャラクターデザイン原案をイラストレーターのモグモ、キャラクターデザインを田頭真理恵、戸井田珠里、高谷浩利、メカニカルデザインをJNTHED、海老川兼武、稲田航、形部一平、寺岡賢司、柳瀬敬之が担当する。

 7月14日、15日に神奈川・GUNDAM FACTORY YOKOHAMAほかで開催されるイベント「GUNDAM NEXT FUTURE -LINK THE UNIVERSE-」で、「水星の魔女」本編の前日譚「PROLOGUE」が初公開されることも決定した。「PROLOGUE」は、国内各地で順次催される「GUNDAM NEXT FUTURE」関連の一部イベントでも視聴できる。詳細は特設サイト(https://bandai-hobby.net/site/gnf/ )で確認することができる。

 7月1日からは「ガンダム」シリーズと、全国のPARCOによるコラボレーション企画「“PARCO×GUNDAM”CAMPAIGN」がスタートする。9月16日からPARCOに出店するブランドがコラボアイテムを販売する「COLLABORATION ITEM FAIR」が展開されるほか、「PARCO グランバザール」でのオリジナルノベルティプレゼントなど、さまざまな催しが実施される。各地のPARCOは、前述の「GUNDAM NEXT FUTURE」関連イベントの会場にもなっている。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。