「新しい地図」稲垣・草なぎ・香取、俳優として輝いた2020年(シネマトゥデイ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:シネマトゥデイ

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の三人による「新しい地図」。幅広い分野で才能を発揮する彼らの活動の中でも大きな柱の一つである俳優業について、映像作品での活動を中心に、それぞれに大きな足跡を残した2020年の活躍を振り返ってみた。

【画像】可愛い!稲垣・草なぎ・香取の幼少期ショット

 草なぎは今年、内田英治が監督・脚本を務めた映画『ミッドナイトスワン』で主演を務めた。トランスジェンダーの主人公・凪沙(草なぎ)が、心を閉ざしていた親戚の中学生・桜田一果(服部樹咲)を預かることになり、次第に親子のような関係を築いていくヒューマンドラマで、中規模公開ながらSNSや口コミなどでその評価が広まり、ロングランヒットを記録。著名人からの好評の声も多数あがり、“追いスワン”と称されるリピーターも続出した。映画は観客動員数50万人、興行収入6億9,000万円を超えており、その数字を伸ばし続けている。トランスジェンダーの主人公を、その圧倒的な演技力で実在感を持たせて見事に演じた草なぎは、改めて俳優としての稀有な才能を印象付けた。(数字は宣伝調べ)

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。