「怪と幽」疫病退散を祈願した上田敦史の新作能「アマビエ」を紹介(ステージナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ステージナタリー

本日4月27日に刊行された「怪と幽」vol.007(KADOKAWA)で、能楽大倉流小鼓方・上田敦史による新作能「アマビエ」が紹介されている。

【画像】新作能「アマビエ」より。(写真提供:上田敦史)(他5件)

「怪と幽」は、妖怪マガジン「怪」と怪談専門誌「幽」が融合した、“お化け好きに贈るエンターテインメント・マガジン”。「LOVE 民話」特集が展開する今号では、「疫病退散を祈願して誕生 新作能『アマビエ』」と題されたグラビア企画が掲載される。アマビエは、新型コロナウイルスに対する不安が世界を取り巻く中で注目を集めている“疫病封じ”の妖怪。新作能「アマビエ」は、コロナ禍の終息、疫病退散、無病長寿の祈りを込めて創作され、能楽堂だけでなく屋外や神社でも上演されている。

なお本誌巻頭では、京極夏彦と黒史郎による民話の魅力についての対談を掲載。このほか昔話を題材にした小説を発表したインパルス・板倉俊之へのインタビュー、一風変わった民話を再録した「ざんねんな民話の世界」なども収録される。

身体の不調でお悩みの方へ漢方の「位元堂」

 

コメントは受け付けていません。