「怒り・憎しみ・嫉妬」最愛の母親からのメールが変えた、安田顕のモチベーション(AbemaTIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:安田顕

昨年の誕生日に、母親からメールが届いた。『誕生日おめでとう。体に気をつけて頑張って』。いつものように健康を気遣ってくれる優しい言葉の後に、いままで書かれたことのない言葉があった。『私を楽しませてください』。その一文を読んだとき、自分の中で何かが変わった気がした。俳優・安田顕にとって、主演映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』(2月22日公開)はそんな母の期待に応える作品になったに違いない。

コメントは受け付けていません。