「名探偵コナン 紺青の拳」シンガポールを舞台に新一、キッド、京極がまみえるビジュアル完成(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:シンガポールの名所を舞台に、コナン、 キッド、京極の3人が激突

[映画.com ニュース] 劇場版「名探偵コナン」シリーズ23作目となる「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」のメインビジュアルが公開された。劇場版シリーズ初登場となる最強の空手家・京極真と、トランプ銃を携えて不敵に微笑む怪盗キッド、物語のカギを握るブルーサファイアを持って真剣な表情を浮かべる高校生探偵・工藤新一が描かれた、同作のキャッチコピー「雌雄を決する三位一体(トリニティ)バトルミステリー」を象徴するようなイラストとなっている。

 劇場版シリーズで初めて海外が舞台となる同作では、怪盗キッドによってシンガポールに連れてこられてしまった主人公・江戸川コナンが、19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大のブルーサファイア「紺青の拳」をめぐり、マリーナベイ・サンズで発生した殺人事件、そして巨大な陰謀に巻き込まれていく姿が描かれる。さらにキッドの因縁の相手である京極も現れ、“月下の奇術師”と“蹴撃の貴公子”が火花を散らす。メインビジュアルには、ゴージャスにライトアップされたマリーナベイ・サンズやマーライオン、シンガポールフライヤーといった、劇場版の舞台としては初の海外となるシンガポールの名所も登場している。

 また、コナン、キッド、京極の3人の激突を暗示する「フィストビジュアル」もお披露目。“獅子の国”シンガポールにちなんだライオンのイメージをバックに、それぞれジャンケンのパー、チョキ、グーの拳を突き出して“あいこ”になっているイラストで、永遠に決着がつかない3人の関係性が表現されている。

 原作者の青山剛昌氏は「今年の映画は、初めての海外! シンガポールで、コナンやキッドが大活躍! 付き合ってホヤホヤの蘭と新一も気になるトコだろーけど……見どころは、なんと言っても、京極vsキッド!! 出る漫画を間違えてるくらい強い京極の、ド派手なアクションを、どうぞ大スクリーンで“拳”を握り締めながらご堪能あれ♪」とメッセージを寄せている。4月12日から全国公開。

コメントは受け付けていません。