「全身ひどいアトピー」学生時代のコンプレックス乗り越え「自分のスタイル」を追求するジェンダーレスな男女(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

女装やコスプレで性差をなくし、さまざまな活動に取り組んでいるインフルエンサーも多い。その中には、容姿に自信のなかった過去の写真と、ガラリと変わった現在の写真を並べてSNSに投稿し、その変貌ぶりで多くのフォロワーを沸かせている投稿者もいる。今回は、ジェンダーレスで美を追い求める2人の男女にクローズアップ。それぞれに“美意識の向上”に目覚めたきっかけや、今後の目標などを聞いた。

【写真】「目つきが悪い」全身アトピー時代のひろきちくん Kポアイドルのような自撮りもキュート

■“ガーリッシュ男子”の展望「LGBTや女装について、正しい情報を伝えていきたい」

 最初に紹介するのは、“ガーリッシュ男子”を自称し、美麗な写真をTwitterに投稿している“ひろきちくん”。学生時代の垢抜けていない写真と、ピンクの髪でメイクを施した現在の写真を並べてツイートするなどして、大勢のフォロワーを沸かせているひろきちくんだが、自身では「女装をしている」という自覚はないそうで、「“こうありたい”という、ありのままの姿を表現していくうちに今の自分になりました」とのこと。

 もともとは容姿に自信がなく、学生時代にはそのことでいじられ、多くのコンプレックスを抱えていたという。当時については「全身がひどいアトピーで、よくバカにされていました。どれだけ気をつけても、病院で効き目のある薬をもらっても、少し治まる程度で完全に治ることはなくて。顔に関しても、もともと目が小さくツリ目なので、目つきが悪いとか不細工とか、さんざん言われていましたね」と話してくれた。

 そんな彼が「自分らしく自然体でいられる姿」としてたどり着いたのが、“ガーリッシュ男子”というスタイルだそうで、言葉そのものは、ボーイッシュ女子の反対語として作り出した造語だという。

 「ほかにも“男の娘”という呼称もあって、いまではどこまでが“女装”になるのか、その定義はあやふやです。僕自身には“女性になりたい”という願望はないんですけど、男性的なものより、女性的な可愛いファッションの方が好きなので、“ガーリッシュ男子”を名乗るようになりました。多様性が認められつつある世の中ですが、LGBTや女装に対する認識は、まだまだ食い違っているところがあると思っています。まずはそうした違いを伝えていきたいし、見てくれる人に勇気や元気を与えられる存在になりたい…というのが、いまの目標です」。

コメントは受け付けていません。