「僕はうんこという悪魔の実を食べた」難病のフリーターが医師、日本うんこ学会会長になるまで(BuzzFeed Japan)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:石井洋介さんは2019年1月に『19歳で人工肛門、偏差値30の僕が医師になって考えたこと』(PHP研究所)を出版した。

「日本うんこ学会会長」という肩書で、「おしり」のうちわを配布したり、腸内細菌を擬人化した美少女ゲーム『うんコレ』を開発したりするなど、健康意識を高めるための企画を世に送り出す、石井洋介さん。

石井さんの「本業」は消化器外科医で、秋葉原内科saveクリニックの代表医師。その経歴は実にユニークだ。高校時代に潰瘍性大腸炎という難病が判明、フリーター時代に大腸を全摘出し、人工肛門で生活した。

その後、人工肛門を閉じる手術をきっかけに医師に憧れ、偏差値30から猛勉強して医学部に合格。高知県での研修医時代には、高知に研修医を集めるための広報戦略『コーチレジ』を立ち上げ、実際に研修システムを変えるまでに至る。

持ち前の企画力・行動力で医療の課題解決を図る石井さんだが、「うんこ」などの言葉を多用し、ふざけて見られることに抵抗はないのか。BuzzFeed Japan Medicalはキャッチーな企画の背景にある想いを、石井さんに聞いた。

【広告】

最高級天然アナツバメの巣

【美巣】

100%天然物を使用

詳しくはこちら

↓  ↓  ↓


コメントは受け付けていません。