「ヴェノム」続編の映像が初公開!強敵カーネイジやヴェノムの日常がお披露目に(映画.com)

出典元:映画.com

米ソニー・ピクチャーズ製作、トム・ハーディ主演「ヴェノム」の続編の邦題が、「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」に決定。あわせて予告編、場面カット、海外版ポスターが公開された。

 2018年に公開されたルーベン・フライシャー監督「ヴェノム」は、スパイダーマンの宿敵として知られるマーベル・コミックスの人気キャラクター、ヴェノムを主人公にした初のスピンオフ映画。ジャーナリストのエディ・ブロック(ハーディ)は、怪しい人体実験を調べるうちに、意思をもった地球外生命体シンビオートに寄生され、ふたりは“ヴェノム”として共生することになる。世界累計興行収入8億5600万ドルの大ヒットを記録した。

 続編の「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」は、副題を直訳すると「大殺戮よ、起これ」という意味。ヴェノムを凌駕する圧倒的な戦闘能力を持ち、「スパイダーマン」シリーズ髄一の悪役として描かれている連続殺人鬼のクレタス・キャサディことカーネイジ(ウッディ・ハレルソン)が登場する。アンディ・サーキスがメガホンをとった。

 このほど解禁された予告編では、エディとシンビオートがヴェノムとしてともに生活するコミカルなシーンとともに、第1作のラストに姿を見せるものの、詳細はこれまで謎に包まれていたクレタスがカーネイジの姿に変貌する様子や、エディとの再会を渇望する姿が収められている。

身体の不調でお悩みの方へ漢方の「位元堂」

 

コメントは受け付けていません。