「ライフ イズ ストレンジ」開発元のADV『Tell Me Why』が6月のプライド月間を記念してXbox/PCで無料配布中!(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

DON'T NOD(旧DONTNOD Entertainment)が、『Tell Me Why』の無料配布を各プラットフォームでおこなっている(英語の公式ニュース)。ゲームはXbox One/PC用で、Microsoft Store/Steamにて入手できる。無料配布期間は現地時間2022年6月30日まで。
今回の無料配布はプライド月間となる6月の到来を記念しておこなわれたもの。この無料配布の施策は2021年にもおこなわれており、2年連続での実施となった。プライド月間はLGBTQIA+の人が権利の向上などを主張する、企業や団体やそのほかの人々もそれを支援するような動きが広がる月間である。

「Tell Me Why」画像・動画ギャラリー

『Tell Me Why』は全3章で構成されるアドベンチャーゲームで、「ライフ イズ ストレンジ」などで知られるメーカーが制作している。主人公となるのは双子のタイラーとアリソンで、タイラーはトランスジェンダーのキャラクターだ。英語の声優にもトランス男性のオーガスト・エイデン・ブラックが割り当てられている。IGN JAPANのインタビューでは、開発チームがGLAAD(LQBTQ擁護団体)と協力してタイラーがステレオタイプ的な描写に陥らないようにしていたことなどが明かされていた。
公式ニュースによれば2021年6月以降、アメリカではトランスジェンダーを嫌悪するトランスフォビックな暴力や反LGBTQIA+法がかつてないほど増加しているようで、それを認識するのが重要だと書かれている。ある機関の調査によると、(LGBTQIA+に対する)敵対的な政治情勢とCOVID-19パンデミックの隔離によって不安症状になっているトランス男性やトランス女性などが多いようだ。
こういったことがあり、Xbox Publishingは非営利団体に2万5000ドルを寄付したとのこと。Xbox Publishingは現地時間6月23日にチャリティーマラソン配信もおこなうらしい。そのほかにもさまざまなLGBTQIA+に関する支援手段が公式ブログでは紹介されているので、気になる人は英語だがチェックしてみてほしい。

なお、DONTNOD Entertainmentは先日から「DON'T NOD」へとリブランディングされている(公式ニュース)。これは彼らの14周年を記念したものだそうで、新たなロゴやこれからリリースされるゲームのヒントとなるティザー映像が公開されている。
すでに発表されている作品では2022年9月1日にNintendo Switch/PCで配信される『Gerda: A Flame in Winter』がある。こちらはDON'T NODがパブリッシングで、デンマークのPortaPlayが開発するゲームとなる。本作は第二次世界大戦が舞台で、占領されてしまったというデンマークの小さな村に住む女性・Gerdaが主人公のゲームだ。本作はストーリー重視(ナラティブ)ですこしRPG要素も入ったようなゲームになるらしい(公式にはRPG-liteと表現されている)。本作は今のところ日本語版のリリースが発表されていないため、今後の情報に期待したいところだ。Steamのストアページはこちらだが、日本語対応のチェックマークは確認できなかった。

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。