「ホーカスポーカス 2」9月30日配信決定! オリジナルキャストで魔女“サンダーソン三姉妹”復活(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

1993年に製作された「ホーカス ポーカス」(ケニー・オルテガ監督)の続編となる「ホーカスポーカス 2」が、9月30日からDisney+(ディズニープラス)で独占配信されることが決定。あわせて、ビジュアルと予告編(https://youtu.be/VJo_Q9MJkWI)が初披露された。

【画像】前作「ホーカス ポーカス」のサンダーソン三姉妹

 「ホーカス ポーカス」は、サンダーソン三姉妹と呼ばれる悪名高い魔女3人が300年の眠りから目覚め、ハチャメチャな大騒動を引き起こすさまを描く。姉妹イチのしっかり者ウィニー役をベット・ミドラー(「フォエバー・フレンズ」)、美人だが天然なサラ役を「セックス・アンド・ザ・シティ」のサラ・ジェシカ・パーカー、優れた嗅覚で“子どもの匂い”を感知出来るメアリー役を「天使にラブ・ソングを…」のキャシー・ナジミーが演じ、ハロウィーン映画の定番となっている。

 続編では、邪悪でユーモラスなサンダーソン三姉妹役として、オリジナルキャストの3人が再集結。監督は「ステップ・アップ」「あなたは私の婿になる」などを手がけてきたアン・フレッチャー。製作総指揮は「魔法にかけられて」の続編を手がけるアダム・シャンクマンが務めている。

 予告編は、サンダーソン三姉妹の復活が描かれる。舞台は、アメリカ・マサチューセッツ州セーラム。そこには不死の魂を得るために子どもたちの精気を吸い取る恐ろしい魔女たちが住んでいた伝説が残っていた。現代のセーラムで暮らす3人の女子高生たちが、魔女の噂を聞きつけ、ちょっとした出来心で、ろうそくに火をともし、怪しげな呪文を唱えてしまう。彼女たちが火をつけたのは、サンダーソン三姉妹の復活を告げる“黒い炎のろうそく”だった。

 映像には、前作の主人公たちがサンダーソン三姉妹と奪い合いを繰り広げた、子どもから精気を吸い取る秘薬のレシピが書かれている「人間の目玉のついた不気味な魔術書」、300年前に不死の呪いをかけられた「しゃべるネコ」も登場する。

 「ホーカスポーカス 2」は、9月30日よりディズニープラスで独占配信。

コメントは受け付けていません。