「バトオペ」シリーズ最新作『機動戦士ガンダム バトルオペレーション Code Fairy』がPS4/PS5向けにリリース決定!10月19日に詳報を公開予定(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

バンダイナムコゲームスは、「バトルオペレーション」シリーズ最新作『機動戦士ガンダム バトルオペレーション Code Fairy』をPS4/PS5向けにリリースすることをあきらかにした。
本作についてリリース形態の詳細などは明かされておらず、2021年10月19日に詳細が公開予定となっている。

「機動戦士ガンダム バトルオペレーション Code Fairy」画像・動画ギャラリー

「バトルオペレーション」シリーズは、宇宙世紀という時代を描くガンダム作品を題材としたアクションゲームで、これまで基本プレイ無料でリリースされてきた。
トレーラーを見ると女性兵士の視点のティザートレーラーとなっているが、キャラクターの顔がハッキリと描かれない点から、プレイヤーの分身的なイメージのキャラクターかもしれない。その軍服は宇宙世紀初期のジオン軍のデザインだ。後継作品でも登場したりするが、イメージ的には0079~0080あたりの年代だろうか。仮にストーリー重視の作品だとして、プレイヤーが連邦軍を選べば連邦軍のストーリーが描かれるだろう。

これまでリリースされた「バトルオペレーション」シリーズは、プレイヤーキャラクターが声を出して会話することはなかった。そのため女性兵士が自然に喋っている(?)叫んでいる(?)点から、ストーリー重視の「バトルオペレーション」というのも考えられる。アクション部分はバトルオペレーションを取り入れつつ、ストーリーを描くといった感じになるのだろうか。
「バトルオペレーション」と言えば、さまざまな作品の垣根を変えて機体の操縦を楽しめる点も人気のポイントだ。例えば『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』に登場する主なガンダム作品の機体は『機動戦士ガンダム』『機動戦士Zガンダム』、『機動戦士ガンダムZZ』、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の4作品の機体で、なかなか幅広い。
ストーリーを描くとなると、どの年代中心に描くのかも気になるところである。

コメントは受け付けていません。