「デアデビル」シーズン4、Disney+で実現か(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

シーズン3で打ち切られた「Marvel デアデビル」が、Disney+で継続することになりそうだ。

 「Marvel デアデビル」は、Netflix向けのマーベルドラマとして、マーベル・テレビジョン・スタジオが制作。2015年から配信を開始し、その後は「Marvel ジェシカ・ジョーンズ」「Marvel ルーク・ケイジ」「Marvel アイアン・フィスト」「Marvel ザ・ディフェンダーズ」「Marvel パニッシャー」など、一連のマーベル作品がNetflixで相次いで発表された。だが、マーベルの親会社であるウォルト・ディズニーが独自の動画配信サービスの立ち上げ準備に取りかかった18年から、順次シリーズ終了を決定。そして22年3月にライセンス提供の期限が切れたため、これらのドラマはNetflixから引き上げられ、現在はDisney+で配信されている。

 Disney+では、マーベル・シネマティック・ユニバースを手がけるマーベル・スタジオが「ワンダヴィジョン」「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」「ムーンナイト」といった人気ドラマを手がけていることから、すでに解散したマーベル・テレビジョン・スタジオによるNetflixドラマがすべて継続するとは考え難い。だが、「Marvel デアデビル」に関しては、マット・マードック役のチャーリー・コックスが「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」、キングピン役のビンセント・ドノフリオが「ホークアイ」に登場していることから、マーベル・スタジオが継続するとみられていた。

 米バラエティによると現在、「コバート・アフェア」「ザ・ブレイブ エリート特殊部隊」を手がけたマット・コーマンとクリス・オードが、新シーズンの企画開発に関わっているという。

 なおこの件に関して、マーベル・スタジオはノーコメントとしている。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。