「ターミネーター」の世界を舞台にしたオープンワールドサバイバルゲームが発表(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

Naconは、映画「ターミネーター」シリーズにおける終末後の世界を舞台にしたサバイバルゲームを開発中であることを発表した。
Nacon Connect 2022にて、タイトル未定の「ターミネーター」のサバイバルゲームがNacon Studio Milanで開発中であることが明らかになった。審判の日(世界の終末を引き起こすスカイネットの核攻撃)とジョン・コナーの抵抗軍結成の間を舞台にしたオープンワールドゲームになるという。

本作では、映画で描かれた出来事を基にしたオリジナルストーリーが展開される。ゲームプレイ映像はまだ公開されていないが、シネマティックトレーラーではT-800が倉庫のような場所で誰かを探していた。それだけの映像だが、あのおなじみのオリジナルテーマが流れている。
「ターミネーター」シリーズは、ビデオゲームに関して言えば(1991年に公開された『ターミネーター2』以降の映画もだが)あまりいい歴史がない。2003年に発売されたFPS『Terminator 3: War of the Machines』にがっかりしたのを覚えているし、2019年のFPS『Terminator: Resistance』のレビューからは何年経っても改善されていないことがわかる。
Nacon Studio Milanがジェームズ・キャメロンの終末世界をサバイバルゲームで再現するという試みが、「ターミネーター」シリーズのビデオゲーム事業にとってちょっとしたターニングポイントとなることを期待したい。

コメントは受け付けていません。