「スパゲティコード・ラブ」撮影監督は岩井俊二作品の常連! 神戸千木が映し出す“東京”の今(映画.com)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:映画.com

数々のトップアーティストのMVや、ナショナルブランドの広告を数多く手がける映像クリエイター・丸山健志の初長編映画「スパゲティコード・ラブ」が、11月26日に公開を迎える。同作では、新進気鋭の監督、倉悠貴、三浦透子、清水尋也、八木莉可子、ゆりやんレトリィバァ、土村芳といったフレッシュな俳優陣だけでなく、撮影監督にも注目してほしい。

【フォトギャラリー】「スパゲティコード・ラブ」場面写真

 同作のカメラマンを務めたのは、神戸千木氏。2012年以降、岩井俊二監督の作品に参加し“岩井美学”を実現させ、映画だけでなく、CM、MV、ドラマなど、幅広い分野で活躍している。

 90年代から2000年初頭にかけて「リリィ・シュシュのすべて」(01)、「花とアリス」(04)といった岩井作品の撮影監督を務めた篠田昇氏に師事。篠田氏の死後「Friends after 3.11 劇場版」(12)から岩井組に参加し、「リップヴァンウィンクルの花嫁」(16)、「ラストレター」(20)、「チィファの手紙」(18)などを手掛けている。

 丸山監督とは「悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46」(15)以来のタッグとなった神戸氏。そのほかにも、清水翔太、DAOKO、宮本浩次などのMVを作り上げてきた同志とも言える。なかでも、「ラビリンス」(MONDO GROSSO feat. 満島ひかり)は、香港の街並みを舞台にワンシーン・ワンカットの撮影を敢行。幻想的で美しい映像が話題となった。

 「スパゲティコード・ラブ」は、アーバンでスタイリッシュな映像美を特徴とする丸山監督が作り上げた“今を生きる私たちを肯定する物語”だ。フードデリバリー配達員、シンガーソングライター、広告クリエイター、カメラマンなど、東京でもがく13人の若者たちの日常を追っている。「スパゲティコード」(解読困難なほど複雑に絡み合ったプログラミングコードの意)のようにこんがらがった彼らのドラマが、複雑に絡み合い、やがて思いもよらぬエンディングへと辿り着く。

 本作には、14人目の主人公とも言えるような存在がある。それが「東京」そのものだ。新緑、澄み渡った青空、ネオンが光るカラフルでビビットな夜の渋谷など、数々のロケーションが物語をエモーショナルに見せている。丸山監督と神戸氏だからこそ切りとれた、東京の“今”が確認できるはずだ。

 「スパゲティコード・ラブ」は、第24回上海国際映画祭、第15回ニューヨーク JAPAN CUTS、第40回バンクーバー国際映画祭、第34回東京国際映画祭にも出品された。11月26日に東京の渋谷パルコ8F ホワイト シネクイントほか全国で公開。

コメントは受け付けていません。