「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」の“もっと楽しいバージョン”、9月9日公開決定!(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

全世界で大ヒットを記録した「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」に、新たなシーンを加えた“もっと楽しいバージョン”が、「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム THE MORE FUN STUFF VERSION」のタイトルで、9月9日に公開されることがわかった。

【フォトギャラリー】世界的大ヒットを記録した「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」

 1月7日に日本で公開された「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に属する、トム・ホランド主演シリーズの第3弾。“もっと楽しいバージョン”に追加される映像の内容は、現時点ではベールに包まれている。

 あわせて披露された特別映像(https://youtu.be/1hN02LqVrcA)では、ホランドをはじめ、過去シリーズでスパイダーマンを演じてきたトビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールドが、「僕がスパイダーマンだ」と言い合う、ほほ笑ましい光景を活写。ガーフィールドの「もう一回やっちゃう?(We should do this again.)」というセリフ通り、パワーアップしたバージョンでの再上映に、期待が高まる。

 「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」は、ピーター・パーカー(ホランド)が、前作「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」で倒したミステリオ(ジェイク・ギレンホール)殺害の容疑をかけられ、正体が暴かれるという悲劇で幕を開ける。マスコミに騒ぎ立てられ、ピーターの生活は一変。大切な人に危険が及ぶことを恐れたピーターは、ともにサノスと闘ったドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)に助力を求め、魔術の力で自分がスパイダーマンだと知られていない世界にしてほしいと頼む。

 「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム THE MORE FUN STUFF VERSION」(字幕版のみ)は、9月9日に東京の池袋HUMAXシネマズ、大阪ステーションシティシネマの2館で公開。

コメントは受け付けていません。