「スター・ウォーズ」の新作ドラマ『The Acolyte』では、非正史扱いとされた「拡張世界」の一部が再び正史に戻ることになる(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

「スター・ウォーズ」の新作ドラマ『The Acolyte(原題)』で脚本とショーランナーを務めるレスリー・ヘッドランドは、本やゲーム、コミックスなどさまざまなメディアに広がる拡張世界(エクスパンデッド・ユニバース)の要素を作品へ大々的に取り入れるようだ。
『The Acolyte』の舞台が銀河系のハイ・リパブリック時代、つまり「エピソード1/ファントム・メナス」以前となることはすでに明らかになっているが、Vanity Fairのプレビューの中で、ヘッドランドは本作のより詳しい情報を明かした。本作のストーリーでは拡張世界に踏み込み、非公式扱いとなっている「レジェンズ」の内容が正史へ持ち込まれることになるようだ。

ショーランナーのレスリー・ヘッドランドについて、ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディは「『スター・ウォーズ』の熱狂的なファンなんです」と話す。「レスリーの素晴らしい点は何でも知っているところです。要するに、彼女は途方もない数の拡張世界に関する本を読んできたということです。彼女が活用しようとしているものの中には、まだスクリーンで誰も見たことがないストーリーも少し含まれています」
『The Acolyte』はハイ・リパブリック時代を舞台とするストーリーとしては初の映像化作品となる。ハイ・リパブリック時代はこれまで、ルーカスフィルムが複数の書籍で展開するプロジェクトの中で広く描かれてきた。ヘッドランドは「スター・ウォーズ」のタイムラインを「熟知している」と語り、「どちらかと言えば拡張世界を元にするRPGのほうに熱中した」ファンとしてシリーズに取り組んだという。
本作では、銀河系の闇の秘密や暗黒面の力の勃興について掘り下げられ、最高議長パルパティーンが自らを銀河帝国の皇帝だと宣言するに至るまでの原点が見られることになりそうだ。我々の知る限りでは、パルパティーン自身は『The Acolyte』の時代にはまだ現れていないが、そのマスターであるダース・プレイガスを見られる可能性は高い。

「スター・ウォーズ」の世界では、「アコライト(従者)」はシスの一員となり、シス卿の指導のもとでトレーニングを開始した者のことを指す。キャスト情報に関してはその大部分が謎に包まれたままとなっているが、アマンドラ・ステンバーグが主役の最有力候補だと見られ、タイトルにもなっている「アコライト」役を務めると予想されている。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。