「グレイマン」続編にNetflixゴーサイン 独自ユニバース構築へ(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

Netflixがライアン・ゴズリング、クリス・エバンス共演のスパイ大作「グレイマン」の続編制作を早くも決定した。

 「グレイマン」は、マーク・グリーニーの「暗殺者グレイマン」を「アベンジャーズ エンドゲーム」のアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟が映画化した超大作。CIAの特殊活動部シエラ・プログラムに所属していたシックス(ゴズリング)が、ひょんなきっかけでCIAから追われる立場になるというアクション作品。Netflix史上最高の制作費が投じられたと言われる同作は、7月22日に世界配信を開始したばかりだが、Netflixは早くもルッソ兄弟の制作会社AGBOに続編の制作を発注。さらに、スピンオフも発注しているという。

 「グレイマン2(仮題)」に関しては、ルッソ兄弟が続投し、前作同様、スティーブン・マクフィーリーが脚本を共同執筆。スピンオフに関しては、「デッドプール」シリーズのポール・ワーニックとレット・リースが脚本を執筆するという。

 Netflixの映画部門のトップを務めるスコット・ステューバー氏は以下のコメントを発表。

 「『グレイマン』においてルッソ兄弟は、世界中の観客に愛されるハラハラドキドキのアクションを提供してくれました。私たちは『グレイマン』ユニバースを拡張するために、引き続きAGBOのチームと協力できることに興奮しています」

 ルッソ兄弟といえば、「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」からマーベル作品を手がけ、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」「アベンジャーズ エンドゲーム」とマーベル・シネマティック・ユニバースの構築に貢献したことで知られる。今後はNetflixで「グレイマン」ユニバースを構築していく計画のようだ。


コメントは受け付けていません。