「ウエスト・サイド・ストーリー」“聖地”でワールドプレミア開催 スピルバーグ監督、豪華キャストが登壇(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

ブロードウェイミュージカル「ウエスト・サイド物語」を映画化した「ウエスト・サイド・ストーリー」のワールドプレミアが現地時間11月29日、物語の舞台にもなった“聖地”の米・ニューヨーク・ウエストサイドで開催。スティーブン・スピルバーグ監督をはじめ、主人公トニーを演じたアンセル・エルゴート、約3万人が参加したオーディションでマリア役に抜てきされたレイチェル・ゼグラーらが登壇した。

【フォトギャラリー】3万人の中から選ばれた逸材も!ワールドプレミアの模様

 同プレミアは、11月26日に逝去したミュージカル界の巨匠スティーブン・ソンドハイムさんに哀悼の意を表したワールドプレミアとなった。ソンドハイムさんは1957年に初演を迎えたミュージカル「ウエスト・サイド物語」で作詞を務め、すでに鑑賞していた本作について「全体に輝きとエネルギーがあり、新鮮に感じられます。スティーブン・スピルバーグ監督と脚本を担当したトニー・クシュナーは本当に作品を完璧に仕上げてくれました」とコメントしていた。

 スピルバーグ監督は、ソンドハイムさんの訃報に対し、「アメリカで最も偉大なソングライターの一人であり、天才的な作詞家・作曲家であり、これまでも最も輝かしいミュージカルドラマをいくつも生み出した、アメリカ文化における偉大な人物です。彼がいなくなるのはとても寂しいですが、彼は私たちに、愛することがどれほど偉大で必要なことなのかを教えてくれる作品群を残してくれましたし、これからも教えてくれるでしょう」と追悼した。

 また、自身の手で本作を映画化することを願ってきたスピルバーグ監督は「これは僕が生涯ずっとやりたいことだったんだ。何十年間にも渡って、人々が愛し続けてきたこの楽曲を、僕たちの映画でも気に入ってくれるといいなと願っているよ」と熱い思いを語る。

 トニー役のエルゴートは、本作の見どころについて「『Tonight』を歌うところさ! あのシーンが僕は大好きなんだ。レイチェルの歌声は本当に信じられないほど素晴らしい」と絶賛。さらに、「こんにちは。アンセル・エルゴートです。トニー役です。『ウエスト・サイド・ストーリー』間もなく公開されます。是非観てください!」と日本語でファンへメッセージを送った。

 「ウエスト・サイド・ストーリー」は、2022年2月11日から全国公開。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。