「ウィッチャー」シリーズ最新作は本格的なゲーム制作の準備段階に突入(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

CD PROJEKT REDはブログで2022年第1四半期を振り返り、その間に「ウィッチャー」シリーズの新作(正式タイトル未定)のための調査を終えたことを明らかにした。
さらに、同スタジオのピョートル・ニールボヴィッチは開発情報動画(下記のツイート内)で、本作がプリプロダクション(本格的なゲーム制作前の準備段階)に入ったと述べている。

「The Witcher 4」画像・動画ギャラリー

社長のアダム・キシンスキーはブログのなかで、「私たちの歴史をこれほどまでに形作ってきたユニバースに立ち返りたいと思っています」と語っている。「先日、新たなウィッチャーサーガの1作目の調査段階を終えました。今後はさらなる開発費がバランスシートに反映されます」
プリプロダクションに入ったばかりということは、発売は何年も先になる可能性があるということであり、1枚のティーザー画像しか公開されていないのもこのためだろう。
しかし、このメダルの画像をめぐって『ウィッチャー3 ワイルドハント』のシリが新作の主人公になるという説が浮上するなど、ファンの間ではさまざまな推測が飛び交っている。

CD PROJEKT REDはその後、ティーザー画像のメダルはオオヤマネコ流派のものであると明かしたが、それが新たな流派なのかどうかは今も議論が続いている。
本作については、CD PROJEKT REDがEpic Gamesと提携してUnreal Engine 5で開発されることや、ディレクターが自分の監督下では長時間労働を強いるクランチは認めないとしていること以外、詳細は不明だ。

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。