「やっと自分を褒められた」乃木坂46高山一実 バラエティーへの葛藤と希望になった小説(BuzzFeed Japan)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:インタビューに答える高山一実

乃木坂46の高山一実はインタビュー中、テレビで見る、あの人の良さそうな笑顔を何度も浮かべていた。違ったのは間だった。バラエティーのように矢継ぎ早には語らず、熟考し、慎重に、丁寧に言葉にする。まるで一文字一文字、清書するように。日本一のアイドルグループ・乃木坂46の中でも、最もテレビに出ているメンバー。その活躍は誰もが認めるところだろう。本人を除いては。ただ、高山は見つけた。『トラペジウム』。オリオン大星雲の中にある四重星は、初めて書き上げた小説のタイトルであり、やっと見つけた光だった。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

11月28日に発売された高山の初小説『トラペジウム』は発売2か月で累計17万部を超える。出版不況の中、異例のヒットだ。

読書好きだった高山は2015年から雑誌「ダ・ヴィンチ」で本にまつわる体験をまとめた「乃木坂活字部!」を連載。その中で短編小説に取り組んだことが、長編小説の執筆につながった。

「他の子がやっていないことを常にやりたいと考えていました。自分がちゃんと、真面目に書いた文章を褒めていただけたのがうれしくって、そう言ってくれるんだったら書きたいと思いました」

小説では「絶対アイドルになる」と強い思いを持つ主人公・東ゆうが、同じ地域に住む3人の高校生とともに、グループを結成しアイドルを目指す。

アイドルの物語ではなく、少女たちがアイドルになるまでの過程を描く青春物語。雪解け水のように透みながら、時折ヒヤリとさせる文章でつづっている。

「朝井リョウさんの小説『武道館』はよくこんなに深く書けるなと思ったくらい、今のアイドルについて書いてくださっていたので、私がアイドル自体を書く必要はない。アイドルの世界の暴露本になるのも嫌だったので、だったらアイドルになるまでの過程を書きたい。それを書くことは実際にアイドルをやっている人でないと難しいかなとも思いました」

連載は締め切りとの戦いだった。グループのメンバーとして、個人のタレントとして忙しい合間を縫って、小説を書き進めていく。仲間に食事に誘われても、締め切りがあるからと断る。連載の間、バッグには常に原稿が入っていた。

「歌番組や雑誌の撮影だったら空き時間に原稿を書けるんですけど、ライブのリハーサルとかぶると難しくて。合間に書こうとすると、すぐ呼ばれるのでなかなか集中できず、書けない。家に帰ってからも、リハーサルの内容をまず覚えないといけない。どこで時間を回したらいいかわからない。でも締め切りは待ってくれない。その時期が辛かったですね」

【広告】

株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。