「ただの生理痛で救急車を呼ぶのは…」気合いで耐えたら病気だった、意外に多い経験者からの声(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

生まれつき片耳が難聴のキクチさん。「同じ難聴の人が共感して、楽しんでくれるかも」とSNSで自身の体験を漫画形式にしてカジュアルに発信している。そんなキクチさんだが、「生理痛を気合で我慢していたら病気だった。」「デートの日、子宮内膜症で倒れた。」という2つの体験記をアップしている。コメント欄には同じ痛みを経験した読者からの声が多数寄せられている。

【漫画】外出中に脂汗が出るほどの激痛…助けてほしい時呼ぶのは彼氏?救急車? 悩んで出した答えは

■週に1回の彼とのデートへ向かう途中で感じた急激な痛み

 新型コロナウィルス感染症が拡大する1年ほど前。当時キクチさんは彼との週1デートを楽しんでおり、その日もデートのために電車に乗っていたそう。生理1日目で体調も良好だったが、道中で軽い腹痛を感じ始める。彼に遅れると連絡をし、脂汗を出しながら途中下車。痛みは治まるどころか強まっていく痛み。デート中止の連絡をするが、手が震えてうまく文字が打てず「うごけない」「たすけて」とだけ送信した。

 トイレで休んだのち、フラフラになりながらも帰宅。その後心配して駆けつけてくれた彼は、たまご粥や生姜スープなど必要なものを買ってきてくれ、介抱してくれた。「男の人でここまで相手を配慮できる人ってなかなかいない」「彼氏さん神すぎますね」と、読者からも絶賛の声。キクチさんも「様々な困難を乗り越えるうえでとても大切なことを教わってきた。マジでこの人“人生の恩人”なのです」と話す。

■我慢している自分エライと美化していた…後回しにしたことを説教したい

 この一件の数ヵ月後、会社で受けた健康診断で子宮内膜症(チョコレートのう胞)と子宮腺筋症と診断される。「生理痛を気合で我慢していたら病気だった。」では、病気の治療のことや初潮からの生理ヒストリーも明かしている。コメントやDMでも質問が届くそうで「生理周期は?」「痛みの度合い、頻度は?」に答える投稿も公開。なかなか人に聞けない悩みだからこそ、個人差のあることとはいえ、経験談を聞きたい・知りたいという女性は多いようだ。

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。