USJ『鬼滅の刃』と初コラボ決定、アトラクションで世界観再現 9月から期間限定開催(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は28日、人気アニメ『鬼滅の刃』と初コラボレーションすることを発表した。アトラクションなどコラボ企画を9月17日~来年2月13日までの期間限定で開催する。

【写真】10月には原画展も開催!炭治郎たちの尊い笑顔…来場者特典のミニ色紙イラスト

 記念すべき初のコラボレーションでは、USJの圧倒的なスケールとクオリティによって、『鬼滅の刃』の世界をアトラクションで再現。目の前で実際に繰り広げられる激闘の数々、竈門炭治郎の“水の呼吸”をはじめ、登場人物たちの“呼吸”による流麗な剣技、息遣いを現実に体感することができ、新たな作品の没入体験、興奮と感動を楽しめる。

 『鬼滅の刃』の世界をより一層楽しめるパークオリジナルのフードやグッズの展開もしていき、大人から子どもまで幅広い作品ファンに楽しんでもらえる企画を用意していく。

 また、7月1日よりUSJ公式ツイッターにて、炭治郎や妹の禰豆子たちが、コラボレーション内容の一部を特別に紹介。声優・花江夏樹(竈門炭治郎役)をはじめ、『鬼滅の刃』の声優陣による、今回のために録り下ろされたセリフが公開される。

 『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた漫画が原作で、コミックス累計1億5000万部を突破する人気作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台で、炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで生活が一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅に出るストーリー。

 2019年4月から9月にかけてテレビアニメが放送され、人気に火が付き社会現象化。アニメの最終話からつながる劇場版が2020年10月に公開され国内の興行収入400億円を突破(※全世界興収500億円突破)、映画の続きを描く、テレビアニメ第2期が年内に放送される予定で話題が続いている。

【広告】


コメントは受け付けていません。