UK最注目ラッパー、スロータイが語る悪役の素顔「音楽は本当の自分を知ってもらう手段」(Rolling Stone Japan)

出典元:Rolling Stone Japan

ブレグジットを痛烈に批判したデビューアルバムで脚光を浴びたイギリス人ラッパー、スロウタイがさらなる高みを目指した2作目『Tyron』について語る。

【この記事の写真を見る】UK最注目ラッパー、スロータイが語る悪役の素顔

ロンドンから90分ほど北上したところにある、英国イースト・ミッドランズのノーザンプトンは靴作りで知られる。17世紀のイングランド内戦時に円頂党軍が着用するブーツの生産を担ったその町では、現在でも複数の世界的靴メーカーが拠点を構えている。「靴を買うために遠出してくる人も多いよ、昔から有名だからね」。現在26歳のスロウタイはそう話す。「卑屈になる人もいるよ、ここは底辺だって。自分たちは足元ばかりを見ていて、奴らから見下されてるってね。それが『シュータウン』のメンタリティなんだ」

すきっ歯と先端が尖った舌が印象的なMCのスロウタイことTyron Framptonは、地元のノーザンプトンを飛び出し、2017年頃にロンドンを中心とするヒップホップやグライムのシーンで注目を集め始める。「T N Biscuits」や「Ladies」等の曲にはグライムだけでなく、UKドリルやパンクの要素も感じられる。獰猛さと脆さが同居するヴァースでは、景気後退後の英国の緊縮財政下で育った若者が抱える不安や不公正、屈辱や行き詰まり感がリアルに描かれている。2019年発表のデビューアルバム『Nothing Great About Britain』は批評家たちからも高く評価され、彼を新進気鋭のスターの座に押し上げた。

スロウタイは2月12日にリリースされた2ndアルバム『Tyron』について、過去の作品よりもずっとパーソナルなプロジェクトだと語る。制作に着手したのは2020年の冒頭だったが、本作の大部分はロックダウンの間に、母親とフィアンセと共に暮らすノーザンプトンの自宅で作り上げたという。Zoomを使ったこの遠隔インタビューで、彼は壁際に梯子状に設置されたキーボードの数々や、古いティーカップ、机の上に無造作に並べられた装飾品など、自宅の地下スタジオの様子を見せてくれた。矛盾と二元性というコンセプトを掲げた『Tyron』は2部構成となっており、前半には攻撃的なトラックが、後半には内省的で痛切な楽曲が並ぶ。

「クソみたいなことが山ほど起きている中で、人はケータイの画面やコンピューターのスクリーンに映る他人の一面だけを見ようとしてる。でもって多くの場合、それは本当の姿じゃないんだ」。彼はそう話す。「それって他人からこう見られたいっていうイメージだったり、自分でそう思い込んでいる姿なんだよ。その一方で、心を許せる相手と自宅でくつろいでる自分がいる。いつもすぐそばにいて、誰よりも自分のことを理解してくれる人々と一緒にいる時の俺、そういうのを見せるべきだと思った。カーテンを引いて、閉じこもっているような自分の姿をね」

【広告】

女性用ふんどしショーツ

女性のキレイは【睡眠中のふんどし】が作るらしい!? 

「解放感が心地よくて、もう普通の下着に戻れない。」

という声が続出! 人気の秘密は?

↓  ↓  ↓



コメントは受け付けていません。